~おすすめオンラインカジノ特典・詳細はここから~ 

ブックメーカー・スポーツベットの用語辞典~スポーツベッター必見!

ブックメーカーやスポーツベットには独特の専門用語が数多く存在します。
スポーツベットの世界に足を踏み入れる上で重要なステップとなります。
この用語辞典では、例を出しながら初心者の方でもわかるように一つ一つ解説していきます

スポーツベットは、最近BeeBetやStakecasino、Betrnk等がRIZINやブレイキングダウン等でスポンサー等をしているので日本で普及してきている印象です。

スポーツベット自体は簡単ではあるのですが変わった賭け方をする際やブックメーカー、スポーツベットサイトによっては見たことのないような単語も沢山でてきます。
そこで、この用語辞典では初心者の方でもわかりやすい言葉で説明し、スポーツベットを楽しむ上での基本的な知識を提供します。

オッズ形式やベットの種類、特定のベット用語についての解説を通じて、賭ける際の戦略やリスク管理。勝率アップ等に役立つ情報を含めてお伝えします。
さらに、ブックメーカーがどのようにオッズを設定し、利益を確保する仕組みについても解説します。

ブックメーカーあ行

アウトライトベッティング

アウトライトベッティングは、ブックメーカー(スポーツベットサイト)で提供される一つのベットの形式です。
このベッティングは、特定のスポーツイベントや大会に対して、その勝者を予測することに基づいています。
例えば、サッカーのワールドカップ、テニスの全米オープン、バスケットボールのNBAチャンピオンシップなど、特定のイベントや大会で行われます。

アウトライトベッティングは、試合ごとに賭けるのではなく、大会全体での勝者を予測することになります。
したがって、対象となるイベントが始まる前に賭けを行います。

例えば、サッカーのワールドカップであれば、各国が出場するチーム全体に対して、特定のチームがトーナメントを制覇すると予測し、優勝予想チームに賭けを行うことができます。

しかし、アウトライトベッティングは成功するには難易度が高く、払戻率も低いことがあります。
なぜなら、多くの競技者やチームが参加する大会であればあるほど、当たりを的中させるのが難しくなるからです。

アキュムレーター

アキュムレーター(Accumulator)は、ブックメーカー(スポーツベットサイト)で提供される一つのベット形式です。
このベッティングは、複数のイベントや試合に対して同時に賭けを行い、それらのすべてが成功することで高い配当を獲得するチャンスを得ることができます。

具体的に説明すると、アキュムレーターは2つ以上のイベントに賭けを行い、それらの結果をすべて当てると配当を獲得できるというものです。
一つ目が当選すると次々と掛け金を賭けていく方式なので高配当が狙えるのが強みです。

例えば、サッカーの試合A、試合B、試合Cの3つの試合があるとしましょう。
アキュムレーターベットでは、これらの試合全ての結果(例:全ての試合でホームチームが勝つ、特定の選手がゴールを決めるなど)を予測して、それらのすべてが的中する必要があります。

つまりアキュムレーターは「連勝式賭け」ということです。
複数のイベントに勝つ結果を予測し、すべて当たれば高い報酬が得られる仕組みです。

アジアンハンデキャップ

アジアンハンディキャップ(Asian Handicap)は、ブックメーカーで提供される一つのベット形式であり、特にサッカーなどのスポーツイベントにおいてよく使われます。
このベッティングは、試合の実力差を補正してより均等な条件で賭けることを可能にします。
具体的に説明すると、アジアンハンディキャップは通常、試合のスコアに対してプラスまたはマイナスの数値を適用します。
これにより、試合の強いチームと弱いチームの実力差を縮めるか、逆に拡大させる効果があります。

例えば、試合でチームAがチームBに対して実力が上回っていると考える場合、ブックメーカーはチームAにマイナスのハンディキャップを与えます。
例で-1.5ゴールというハンディキャップを適用すると、実際の試合のスコアに1.5ゴールをマイナスしてから勝敗を判定します。
もし、チームAが2ゴール差以上で勝利すれば、アジアンハンディキャップでベットした場合は勝利となります。
もしチームAが1ゴール差で勝利した場合、賭けは引き分けとなり、チームAが1ゴール差以下で勝利した場合は、賭けは敗北となります。
同様に、試合でチームBがチームAに対して実力が劣っていると考える場合、ブックメーカーはチームBにプラスのハンディキャップを与えます。
例えば、+0.5ゴールというハンディキャップを適用すると、実際の試合のスコアに0.5ゴールをプラスしてから勝敗を判定します。
もし、チームBが引き分け以上の結果を出せば、アジアンハンディキャップを賭けた人は賭けに勝ちます。もしチームBが敗北しても、0.5ゴール差以内であれば、賭けは引き分けとして扱われます。

アジアンハンディキャップは、通常のハンディキャップよりも賭ける条件が均等になるため、リスクとしては通常のスポーツベットより低くなり楽しみやすいと言われています。

アメリカンオッズ

アメリカンオッズ(American Odds)は、ブックメーカーやスポーツベットサイトで使われる、スポーツイベントにおける賭けのオッズ表記の一つです。
アメリカンオッズは主に北米で一般的に使用されていますが、世界中のオンラインブックメーカーでも見られることがあります。

アメリカンオッズは、「+」または「-」記号を使って表現されます。具体的な例を挙げて説明します。

プラスのオッズ(+オッズ):プラスの数値は、賭けた金額に対しての利益を示します。
例えば、「+200」のオッズと表示された場合、賭けた1ドルあたりの利益は200ドルになります。
つまり、もし1ドルを賭けて当たった場合には、元の1ドルと200ドルの利益が戻ってきます。
マイナスのオッズ(-オッズ):マイナスの数値は、賭けた金額に対して必要な賭け金を示します。
例えば、「-150」と表示された場合、100ドルを賭けるためには150ドルを賭けなければなりません。
つまり、1ドルを賭けるためには150/100 = 1.5ドルが必要です。

アメリカンオッズの理解方法として、プラスのオッズは「100ドルを賭けたときの利益」を示し、マイナスのオッズは「必要な賭け金」を示すと覚えるとわかりやすいです。

例えば、以下のようなアメリカンオッズがあったとします。

チームA:+300
チームB:-200

チームAに100ドル賭けると、勝った場合には元の100ドルと300ドルの利益が戻ってきます。
チームBに100ドル賭けるためには、150ドルの賭け金が必要です。勝った場合には元の賭け金150ドルと100ドルの利益が戻ってきます。

アメリカンオッズは、知らなければ難しいですが理解するとわかりやすいオッズです。

アンダー

ブックメーカー(スポーツベットサイト)における「アンダー(Under)」は、主にスポーツイベントの賭けで使われる用語で、特定の結果や数字が設定されたライン(基準値)よりも低い結果になることを予測することを意味します。
具体的に説明すると、アンダーはスポーツイベントで特定の数値(例えば、得点数、ゴール数、セット数など)が設定される場合に、それが下回ると予測することです。
この数値を「アンダーライン」と呼びます。もしアンダーラインを下回る結果が実現すれば、アンダーベットは当たりとなります。

例:サッカーの試合で、試合の総得点数のアンダーラインが2.5と設定されているとします。
もし試合の結果が2点以下の得点で終われば、アンダーベットは当たります。
3点以上の得点があれば、アンダーベットは外れます。
バスケットボールの試合で、両チームの総得点数のアンダーラインが180.5と設定されているとします。
もし試合の結果が180点以下で終われば、アンダーベットは当たります。181点以上の得点があれば、アンダーベットは外れます。

アンダーベットは、スポーツイベントの結果をある程度予測できる場合に有効な戦略となります。
例えば、強力なディフェンスを持つチーム同士の試合や、高いオッズが設定されている場合に利用されることがあります。

アンダードッグ

ブックメーカー(スポーツベットサイト)での「アンダードッグ(Underdog)」とは、特定のスポーツイベントや試合において、一般的には勝ちが見込まれていない、あるいは強い相手に対して実力差があると見られているチームや選手のことを指します。
アンダードッグは、一般的に「負ける可能性が高い」とみられているつまりオッズが高い方のチームまたは個人を指します。

つまり競合チームであればあるほどアンダードッグになる確率が高くなります。


サッカーの試合で、強豪クラブチームが1.30倍のオッズで、アンダードッグのチームが4.50倍のオッズで提示されている場合。
これは、アンダードッグが勝利した場合に、賭けた金額に対して4.50倍の利益が得られることを意味します。

アンダードッグへの賭けは、高い配当を狙える反面、勝つ確率が低いとされているため、リスクがある賭けとされます。
しかし、スポーツの試合は予測が難しいこともあり、アンダードッグが逆転勝利する場合もあるので、それを狙って賭けることも楽しみの一つとなります。

アンティポスト

アンティポスト(Ante-post)は、ブックメーカー(スポーツベットサイト)で提供される一つの賭けの形式です。
アンティポストは、特定のスポーツイベントや大会が開始する前に、その大会の結果を予測することを目的として行われます。

具体的に説明すると、アンティポストベットは通常、大会が始まる前の数日や数週間前から受け付けられます。
例えば、サッカーのワールドカップ、テニスの全豪オープン、競馬のクラシックレースなど、特定のイベントが対象となります。

アンティポストベットは、イベントが開催される前に行われるため、試合やレースなどの出場者や条件がまだ確定していない状態で賭けを行います。
このため、アンティポストベットは高い配当が提供されることがあります。
しかし、逆に参加者や条件が変更される場合もあるため、リスクもあります。

またイベントが数週間後、数ヶ月後に行われる場合もあるためかなりの日数を要する事もあります。

初心者にとってわかりやすく例えると、アンティポストベットは「先取り予想」のようなものです。
まだイベントが始まる前に、優勝チームや優勝者を予測し、賭けることができます。

ただし、アンティポストベットは参加者や条件が変わる可能性があるため、注意が必要です。

アービトラージ

アービトラージ(Arbitrage)は、ブックメーカー(スポーツベットサイト)で複数の異なるブックメーカー間のオッズの違いを利用して、確実に利益を得る賭けの手法です。
アービトラージは、ベットの結果で勝利する事ではなくサイトのオッズ差によって利益を得る方法です。

具体的に説明すると、アービトラージは複数のブックメーカーで同じイベントに対して異なるオッズが設定される場合に行われます。
例えば、サッカーの試合でチームAがブックメーカーXで2.00倍、チームAがブックメーカーYで2.10倍のオッズで提示されているとします。

アービトラージを行うためには、これらのオッズを計算し、利益を確保する組み合わせを見つける必要があります。

アービトラージ計算方法
ブックメーカーXでチームAに100ドルを賭けると、もし勝利すれば200ドルの利益を得ることができます。
ブックメーカーYでチームAに100ドルを賭けると、もし勝利すれば210ドルの利益を得ることができます。

これを計算すると、以下のようになります。

ブックメーカーXで100ドル賭けて、200ドルの利益を得る。
ブックメーカーYで100ドル賭けて、210ドルの利益を得る。

したがって、合計で200ドルの賭けて410ドルの利益を得ることができます。これは、どちらの結果にも関係なく利益を得ることができるアービトラージの例です

ただし、アービトラージはブックメーカーのオッズを比較し、計算する必要があり、慎重に行わなければなりません。
また、ブックメーカーはアービトラージを禁止しているオンカジもあるので、注意しましょう。

イフベット

イフベット(If Bet)は、ブックメーカー(スポーツベットサイト)で提供される特殊な賭けの形式です。
このベットでは、複数の連続した賭けを一つのベットとしてまとめて行うことができます。

具体的に説明すると、イフベットは最低2つの連続したBetを含みます。
最初のBet(条件となる賭け)が的中した場合、その条件を満たす場合のみ、次のBetが自動的に発動されます。
もし最初の時点で的中しなかった場合、次のBetは発動されません。


サッカーの試合AでチームXが勝つことを予測する賭け(賭けA)と、試合BでチームYが勝つことを予測する賭け(賭けB)を行うとします。
あなたがイフベットを使って、まず賭けAに100ドルを賭けます。
もし賭けAが的中した場合、次の賭けとして賭けBに100ドルを自動的にかけることができます。
もし賭けAが的中しなかった場合、賭けBは発動されず、賭けBにはお金をかける必要はありません。

イフベットは、連続した複数の賭けを一つのパッケージとして管理することで、リスクを管理しやすくするために使われます。
もし最初の賭けが成功した場合、次の賭けを行うことで、より高い配当を狙うことができるという利点があります。

しかし、イフベットは利点がある一方で、一つ目の賭けが的中しても次の賭けが外れると資金を失う可能性もあるため、注意が必要です。リスクを理解し、予算管理をしっかりと行って賭けを楽しむようにしましょう。

イロレーティング

ハンガリー生まれでマスターレベルのアメリカ人チェスプレーヤーにして、物理学教授のArpad Eloが考案したレーティング法。競技者対競技者の対戦形式のゲームにおけるプレーヤーのスキルレベルを比較する方式の1つ。

イロレーティング(ELO Rating)は、チェスやその他の競技でプレイヤーやチームの強さを評価するために使われる数値評価システムです。
初めはチェスのプレイヤーの強さを評価するためにハンガリー生まれマスターレベルのアメリカ人チェスプレーヤー物理学教授のArpad Eloがレーティング法として開発しましたが、現在では様々な競技で使用されています。

具体的に説明すると、イロレーティングはプレイヤーやチームの強さを表す数値で、試合の結果に応じて変動します。
プレイヤーやチームが強い相手と対戦して勝利すると、イロレーティングが上がります。
逆に、弱い相手に負けるとイロレーティングが下がります。試合の結果によってイロレーティングが変動することで、より正確な評価が行われます。

イロレーティングは、一般的に「レート」という数値で表されます。
プレイヤーやチームのレートが高ければ高いほど、強いとみなされます。
逆にレートが低ければ低いほど、弱いとみなされます。

初心者の方にとってわかりやすく例えると、イロレーティングは「強さのランキング」のようなものです。
プレイヤーやチームの評価が数値として表され、試合の結果によってランキングが上下する仕組みです。

イロレーティングは競技によって異なりますが、特に競技を楽しむ上での目安として使われることがあります。
プロの試合やトーナメントなどでイロレーティングが参考にされ、対戦相手を決定する際などに重要な要素となります。

インプレイベッティング

インプレイベッティング(In-Play Betting)は、スポーツイベントが進行中の状態でリアルタイムにベットを行うことを指します。
つまり、試合やレースなどが実際に進行中の状態で、その場でベットをすることができる賭けの形式です。

具体的に説明すると、インプレイベッティングでは試合やレースが始まってからも、進行中の結果や状況に応じてベットを行うことができます。
例えば、サッカーの試合であれば、試合が始まってからゴールが入ったり、カードが出たりするなどのイベントが発生する度に、それに対するベットを行うことが可能です。

インプレイベッティングの特徴は、試合やレースが進行中の情報を元に賭けをすることができることです。
これにより、試合の流れやチームの調子、選手のパフォーマンスなどに応じて賭けることができます。また、インプレイベッティングはリアルタイムに行われるため、試合の展開によってオッズが変動することもよくあります。

例えば、試合が進行中で、好調なチームが失点している場合、そのチームが逆転する可能性が高くなるため、そのチームにベットを行うことで高い配当を狙うことができます

インプレイベッティングはスポーツファンにとって非常に魅力的なオプションであり、試合の進行に合わせて賭けることができるため、一撃性が高いオッズにベットする事が可能です。

イーチウェイ

イーチウェイ(Each Way)は、ブックメーカー(スポーツベットサイト)で提供される一つの特殊な賭けの形式です。
イーチウェイは通常、競馬やゴルフなどの競技で使用されます。

具体的に説明すると、イーチウェイが競馬のレースなどで使われる場合を考えてみましょう。

イーチウェイでは、1つのベットで2つの選択を行います。
一つ目は「勝ち(Win)」で、指定した馬が1位になることを予測するベットです。
二つ目は「着順(Place)」で、指定した馬が1位になるか、指定された場所に入ることを予測するベットです。
着順は通常、競馬では2位または3位に指定されますが、レースやブックメーカーによって異なる場合があります。


競馬のレースで、馬Aがイーチウェイの対象となっているとします。
イーチウェイのベットをする場合、100ドルを賭けるとします。
もし馬Aが1位になった場合、「勝ち(Win)」のベットとして配当が支払われます。
つまり、100ドルの賭け金に対して、オッズに応じた配当が得られます。
もし馬Aが2位または3位になった場合、「着順(Place)」のベットとして配当が支払われます。イーチウェイの場合は「勝ち(Win)」の配当よりも低い配当となりますが、一定の配当が得られます。

イーチウェイは、一部のブックメーカーや競馬場で提供されるオプションであり、競馬やゴルフなどの場合に特に人気があります。
レースやイベントによってイーチウェイの条件が異なる場合があるため、注意して賭けを行うことが重要です。

イーブンマネー

イーブンマネー(Even Money)は、ブックメーカー(スポーツベットサイト)で提供されるオッズの一つで、賭けた金額と同じ金額の利益が得られる賭けの形式です

具体的には、賭けた金額がそのまま戻ってくるプラス、さらに同じ金額が利益として戻ってくるという意味です。
イーブンマネーは通常、オッズ表記で1.00または2.00で表現されます。
オッズが1.00の場合、賭けた金額がそのまま戻ってきて利益はゼロです。

一方、オッズが2.00の場合、賭けた金額がそのまま戻ってきて、さらに同じ金額が利益として戻ってきます。


サッカーの試合で、チームAがイーブンマネー(オッズが1.00または2.00)で提示されているとします。
100ドルをチームAに賭けると、勝った場合には100ドルがそのまま戻ってきます(元の賭け金が返却される)。
もしチームAが勝った場合には、さらに100ドルの利益が戻ってきます。

イーブンマネーは、リスクが比較的低く、賭けた金額がそのまま戻ってくるため、初心者にもわかりやすい賭け方と言えます。
特に、有力なチームや選手が勝つと見込まれている場合や、試合の結果が予測しやすい場合に、イーブンマネーのオッズが提示されることがよくあります。

ただし、イーブンマネーは利益が賭けた金額と同じであるため、大きな倍率を得ることはできません。

ウェージャー

ウェージャー(Wager)は、ブックメーカー(スポーツベットサイト)で行うBETのことを指します。

具体的に説明すると、ウェージャーは次のような流れで行われます。

  1. ユーザーがブックメーカーのウェブサイトにアクセスします。
  2. ユーザーは、興味のあるスポーツイベントや試合を選びます。例えば、サッカーの試合やテニスのトーナメントなどが対象となります。
  3. ユーザーは、選んだイベントの結果を予測します。例えば、どちらのチームが勝つか、ある選手が優勝するかなどを選びます。
  4. ユーザーは、予測した結果に対してお金を賭けます。これをウェージャーと呼びます。賭ける金額はユーザーが自由に選択することができます。

イベントが終了した後、予測した結果が正しかった場合、ユーザーは賭けた金額に応じた配当を受け取ることができます。配当はブックメーカーによって異なりますが、オッズが高いほどより多くの利益が得られる可能性があります。

エキゾチック

ブックメーカー(スポーツベットサイト)での「エキゾチック(Exotic)」とは、通常の単純な賭け方(勝敗やスコア予想など)以外の複雑な賭けの形式を指します。
エキゾチックベットは、特定のスポーツイベントや競技に対して、より詳細な予測を行うことで高い配当を狙うために利用されます。

具体的に説明すると、エキゾチックベットにはいくつかの種類がありますが、代表的なものとして以下のようなものがあります。

  1. パーレイ(Parlay)またはコンビネーションベット:複数の賭けを一つにまとめて、全ての結果を当てる賭け方です。複数の試合やイベントに対して同時にベットをし、全てが的中すれば高い配当を得ることができますが、一つでも外れると全てが無効になります。
  2. オーバーアンダー(Over/Under):試合やイベントにおける合計スコアや特定のイベントの回数などが、ブックメーカーが設定するライン(基準)を上回るか下回るかを予測する賭け方です。
  3. ファーストゴールスコアラー(First Goalscorer):サッカーなどで、試合において最初にゴールを決める選手を予測する賭け方です。
  4. ヘッドヘッド(Head-to-Head):ゴルフやテニスなどで、2人の選手やチーム同士の直接対決で、どちらが上位に入るかを予測する賭け方です。

エキゾチックベットは、より複雑な予測が求められるため、一般的な単純な賭けと比べて高い配当が期待できますが、的中させるのが難しいとされます。

エクスポージャー

エクスポージャー(Exposure)は、ブックメーカー(スポーツベットサイト)が特定のイベントやオプションに対して受けた賭けの金額の合計を指します。つまり、ブックメーカーがどれだけのお金を受け取ったか、特定の賭けにどれだけのリスクを持っているかを示す指標です。

具体的に説明すると、ブックメーカーはイベントごとに賭けのオッズを設定します。
これは、特定の結果が発生する確率に基づいて決定されます。
例えば、サッカーの試合で特定のチームが勝つ確率が高い場合、そのチームの勝利に対するオッズは比較的低く設定されます。

ブックメーカーは、受けた賭けの金額によってエクスポージャーを計算します。
つまり、特定のオプションに対して大量の賭けが寄せられると、ブックメーカーがそのオプションの結果に対して多くのリスクを持つことになります。
逆に、あまり賭けられていないオプションに対しては、リスクが低くなります。

エクスポージャーが高い場合、ブックメーカーはその結果に対して多額の賭け金を支払わなければならなくなるリスクが高まります。
そのため、ブックメーカーはリスクを管理するためにオッズを調整することがあります。
エクスポージャーが低い場合は、リスクが限られているため、オッズを変える必要がないかもしれません。

ただし、エクスポージャーの数値はブックメーカーの内部情報であり、一般のユーザーには公開されることはありません。

エッジ

エッジ(Edge)は、ブックメーカー(スポーツベットサイト)やギャンブルにおいて、プレイヤー(ベッター)が長期的に利益を上げることができる確率的な優位性を指します。
つまり、特定の賭けにおいて、賭け手がブックメーカーに対して優位な立場にあるという意味です。

具体的に説明すると、エッジを持つユーザーは、オッズや確率をうまく活用して、長期的に収益を上げることができる可能性があります。
例えば、特定のスポーツイベントでブックメーカーが設定したオッズよりも、実際の確率に基づいた予測を立てることができる場合、その賭け手はエッジを持っていると言えます。

一般的なエッジの例としては、以下のようなものがあります。

  1. インサイダー情報を持つ場合:特定のスポーツやチームに精通している人が、一般のベッターよりも詳細な情報を持つことで、より正確な予測ができる場合があります。
  2. 統計やデータ分析を活用する場合:試合の過去の成績や選手のパフォーマンスなどのデータを分析し、オッズよりも正確な予測を行うことができる場合があります。
  3. オーバーアンダーの利用:特定のイベントの合計スコアやイベントの回数などを、ブックメーカーが設定したラインよりも正確に予測することができる場合があります。

オッズ

ブックメーカー(スポーツベットサイト)のオッズ(Odds)は、特定のスポーツイベントや試合において、ある結果が起こる確率を示した数値です。

例えば、サッカーの試合でAチームとBチームが対戦しているとします。ブックメーカーは次のようなオッズを設定します。

  • Aチームの勝利オッズ:2.00
  • Bチームの勝利オッズ:3.50
  • 引き分けのオッズ:3.00

これを理解するためには、オッズの数値の意味を把握する必要があります。

オッズが2.00の場合:賭けた金額を2倍に増やすことができます。つまり、100ドルを賭けてAチームが勝った場合には、賭けた100ドルが戻ってきてさらに100ドルの利益が得られます。
オッズが3.50の場合:賭けた金額を3.5倍に増やすことができます。つまり、100ドルを賭けてBチームが勝った場合には、賭けた100ドルが戻ってきてさらに250ドル(100ドル×2.5)の利益が得られます。
オッズが3.00の場合:賭けた金額を3倍に増やすことができます。つまり、100ドルを賭けて試合が引き分けになった場合には、賭けた100ドルが戻ってきてさらに200ドル(100ドル×2.00)の利益が得られます。

オッズはブックメーカーが試合の予測を行い、その結果に基づいて設定されます。
オッズは時には変動することがあります。例えば選手の怪我や試合前の情報などです。

オッズオンフェイバリット

オッズオンフェイバリット(Odds-on Favorite)とは、特定のスポーツイベントや試合において、勝利が非常に確率が高いと見られるチームや選手に対して、低いオッズが設定されている状態を指します。
つまり、オッズが1.00または1よりも小さい数値で表されているということです。

具体的に説明すると、オッズオンフェイバリットの場合、ユーザーが賭けた金額に対して、利益が非常に少ないものとなります。
なぜなら、オッズが非常に低いため、勝利した場合にも賭けた金額のほんのわずかしか利益が得られないからです。

例を挙げると、サッカーの試合でAチームがオッズオンフェイバリットとされているとします。そのオッズが1.20だとすると、100ドルを賭けた場合には、勝利した場合に120ドルが戻ってきます。

オッズオンフェイバリットは、一般的に試合の格差が大きい場合や、強豪チームや有力選手が対戦する場合に見られることが多いです。
ブックメーカーは、勝利が高い確率で見込まれるため、リスクが低いと判断し、オッズを低く設定します。

初心者の方は、オッズオンフェイバリットに賭ける場合、利益が少ないということを理解しておく必要があります。
リスクが低い分、配当も少なくなります。リスクとリターンを考慮して賭けを行うことが重要です。また、オッズが低くても必ず勝つわけではないので、逆にオッズの高いアンダードッグにベットするのも戦略です。

オッズメーカー

オッズメーカー(Odds Maker)は、ブックメーカー(スポーツベットサイト)やギャンブル業界において、スポーツイベントや競技の結果に対してオッズを設定する専門家や団体を指します。
彼らは、試合の勝敗や特定のイベントの結果に基づいて、プレイヤーに対してオッズを提示します。

具体的に説明すると、オッズメーカーは次のような役割を担います。

・ベットラインの設定:オッズメーカーは試合やイベントの勝敗の可能性を熟考し、オッズを設定します。オッズは、特定の結果が発生する確率に応じて決定されます。より高い確率で結果が起こると見込まれる場合、オッズは低く設定されます。
・オッズの変動:オッズメーカーは、試合前や試合中に発生する情報や賭けの動向に応じて、オッズを調整することがあります。例えば、怪我をした主力選手や重要な情報が伝わると、オッズを変更することがあります。
・リスク管理:オッズメーカーは、賭けのバランスを考慮して、リスクを適切に管理します。特定の結果に対して多くの賭けが寄せられると、それに対するリスクが高まるため、オッズを調整することがあります。

オッズメーカーは、数値や統計データ、過去の成績などを分析し、慎重にオッズを設定します。彼らの目標は、オッズを適切に設定してブックメーカーに利益をもたらす一方で、競技に興味を持つベッターやギャンブラーが賭けを楽しめるような環境を提供することです。

オッズ形式

ブックメーカー(スポーツベットサイト)では、さまざまなオッズ形式が使用されます。これらのオッズ形式は、賭け手(ベッター)に対してスポーツイベントや試合の結果に対する確率を示す数値を表現する方法です。

  1. デシマルオッズ(Decimal Odds):デシマルオッズは、最も広く使用されているオッズ形式の一つで、小数点を使ってオッズを表現します。例えば、オッズが1.75の場合、1ドルを賭けると1.75ドルが戻ってくるという意味です。賭けた金額にオッズを掛けることで、総配当が計算できます。
  2. フラクショナルオッズ(Fractional Odds):フラクショナルオッズはイギリスなどでよく使われる形式です。分数でオッズを表現します。例えば、3/1の場合、1ドルを賭けると3ドルの利益が得られるという意味です。総配当は、賭けた金額に分子を掛けて分母を足すことで計算できます。
  3. アメリカンオッズ(American Odds):アメリカンオッズは、北米などで使われる形式で、プラス記号(+)またはマイナス記号(-)を使ってオッズを表現します。プラス記号は、100ドルを賭けた場合の利益を示します。例えば、+200の場合、100ドルを賭けると200ドルの利益が得られます。マイナス記号は、100ドルを賭けるのに必要な金額を示します。例えば、-150の場合、100ドルを賭けるためには150ドルの賭け金が必要です。

これらのオッズ形式は、地域やブックメーカーによって異なりますが、基本的な考え方は同じです。
賭ける際には、オッズの理解が重要です。特に初心者の方は、自分が使い慣れていないオッズ形式を理解しておくと、プレイをよりスムーズに行うことができます。
オンラインのブックメーカーでは、通常、好みに合ったオッズ形式を選択できるようになっています。

オフザボード

オフザボード(Off the Board)とは、ブックメーカー(スポーツベットサイト)が特定のスポーツイベントや試合に対してオッズを設定していない状態を指します。
つまり、オフザボードの場合、そのイベントに対しては賭けることができない状態となります

具体的に説明すると、オフザボードの状態になる理由はいくつかあります。

  1. イベントが未定またはキャンセルされた場合:ブックメーカーは試合やイベントが予定通り開催されるかどうかを確認し、イベントがキャンセルされた場合にはオフザボードとすることがあります。
  2. 不確実な情報や怪我による欠場:イベントに関連する情報が不確実であったり、怪我による選手の欠場が発生している場合、ブックメーカーはオフザボードとすることがあります。これは、不確実な要素があるため、正確なオッズを設定することが難しいからです。
  3. 人気のない試合やイベント:特定のスポーツやリーグ、マイナーな試合などは、人気がないためにブックメーカーがオッズを設定しない場合があります。

オフザボードの状態では、そのイベントに対しては賭けることができないため、他の利用可能なイベントに対して賭けを行うことになります。
イベントが確定し、ブックメーカーがオッズを設定した後には、通常のオンボード(オッズが設定された状態)に切り替わります。

例えば海外メインのオンカジまたはブックメーカーの場合はブレイキングダウンのオッズが出ていない等の状態です。

オルタネートライン

オルタネートライン(Alternate Line)は、ブックメーカー(スポーツベットサイト)が提供する、通常のスプレッド(ハンディキャップ)やトータルポイント(合計スコア)から変更されたスプレッドやトータルポイントを指します。
これは、より高いオッズで賭けることを希望するプレイヤーに対して提供されるオプションです。

具体的に説明すると、オルタネートラインでは通常のスプレッドやトータルポイントよりも大きな差が設定されます。
例えば、アメリカンフットボールの試合で通常のスプレッドが-7.5だった場合、オルタネートラインでは-10.5や-14.5など、より大きなスプレッドを選択できるようになります。
同様に、トータルポイントが通常の48.5だった場合、オルタネートラインでは52.5や56.5など、より高い合計スコアを選択できます。

オルタネートラインを選択すると、よりリスクのある賭けとなりますが、その分高いオッズが提供されます。
オルタネートラインを利用することで、通常のスプレッドやトータルポイントでは配当が低いと感じた場合でも、より大きなリターンを狙うことができます。

オルタネートラインは、特にスプレッドベットやトータルベットに興味がある初心者の方にとって魅力的なオプションとなります。

オーバー

オーバー(Over)とは、スポーツベットにおいて特定のイベントや試合に対して、設定された合計ポイントまたは合計スコアが上回ることを意味します。
主にトータルポイント(Total Points)ベットやトータルゴール(Total Goals)ベットなどで使われます。

具体的に説明すると、例えばバスケットボールの試合でトータルポイントが200.5と設定されているとします。
これは、両チームの合計スコアが200点以上か、200点を超えることを示しています。
プレイヤーがオーバーベットを選択した場合、試合の合計スコアが200.5点を超えると、賭けが勝利となります。
逆に、200点以下の結果だった場合には賭けが敗北となります。

オーバーは、特定のスポーツイベントが高得点で終わることが期待される場合に選択されることが多いです。
例えば、高得点が期待される高強度のバスケットボールの試合や、得点の多いサッカーやアイスホッケーの試合などが該当します。

オーバーブローク

オーバーブローク(Overbroke)は、ブックメーカー(スポーツベットサイト)が提供するオッズ設定の中で、全ての選択肢の確率の合計が100%を超えている状態を指します。
これは、ブックメーカーがオッズを設定する際に誤差が生じ、実際の確率よりも高い合計値になってしまった状態です。

具体的に説明すると、ブックメーカーは試合やイベントの結果に対してオッズを設定します。

例えば、サッカーの試合でAチームの勝利に対するオッズが1.5、Bチームの勝利に対するオッズが2.5の場合、両方のオッズを合計すると1.5 + 2.5 = 4.0となります。
この場合、全ての選択肢の確率の合計は100%ではなく、100%を超えています(実際の確率では1 ÷ 4.0 = 25%しかありません)。

オーバーブロークの状態では、ブックメーカーが全ての賭けに対して儲けを出すことが確定しており、ベッターがどの選択肢を選んでも長期的にはブックメーカーが利益を得ることになります。
これはブックメーカーが安定して利益を確保するための戦略的な手法です。

オーバーラウンド

オーバーラウンド(Overround)は、ブックメーカー(スポーツベットサイト)が提供するオッズの総和が100%を超える状態を指します。
これはブックメーカーがオッズを設定する際に利益を確保するために行う調整の一つであり、ブックメーカー自体が利益を得る手法の一部です。

具体的に説明すると、スポーツイベントや試合において、全ての選択肢に対するオッズの逆数を合計した値が100%を超える場合、それはオーバーラウンドとなります。

例えば、サッカーの試合でAチームの勝利に対するオッズが2.0、Bチームの勝利に対するオッズが3.0の場合、オーバーラウンドの計算は次のようになります:
1 ÷ 2.0 + 1 ÷ 3.0 = 0.5 + 0.333… = 0.833…
この場合、オーバーラウンドの値は0.8333…となり、100%を超えています。

ブックメーカーはオーバーラウンドを設定することで、全ての選択肢の確率の合計が100%を超えるようにします。
これにより、ブックメーカーはイベントの結果に関係なく利益を確保することができます。ベッターはどの選択肢を選んでも長期的にはブックメーカーが儲けるような設定になっています。

スポーツベットか行

カナディアンライン

カナディアンライン(Canadian Line)は、複数のイベントに対して行われるパーレイ(Parlay)と呼ばれる特定のタイプのスポーツベットの一種です。
パーレイは、2つ以上のイベントの結果を1つの賭けにまとめることで、高いリターンを狙う方法です。カナディアンラインは、4つのイベントに対して6つのパーレイを組み合わせる方法です。

具体的に説明すると、カナディアンラインでは4つのイベントに対して以下のように6つのパーレイを組み合わせます。

パーレイ1:イベント1 + イベント2
パーレイ2:イベント1 + イベント3
パーレイ3:イベント1 + イベント4
パーレイ4:イベント2 + イベント3
パーレイ5:イベント2 + イベント4
パーレイ6:イベント3 + イベント4

これらのパーレイは、全てが当たる必要があります。
例えば、パーレイ1が的中しても、パーレイ2やパーレイ3が外れていると、カナディアンラインは不成立となります。

カバー

ブックメーカー(スポーツベットサイト)における「カバー(Cover)」は、特にポイントスプレッド(ハンディキャップ)ベットに関連する用語です。
ポイントスプレッドは、試合の結果に対してベットを行う際に、勝敗だけでなく、チームの得点差に注目する賭け方です。

具体的に説明すると、ポイントスプレッドベットでは、ブックメーカーが試合の勝敗に対して特定の得点差を設定します。
この得点差が実際の試合結果に対してどのように影響するかによって、ベットの結果が決まります。

例として、アメリカンフットボールの試合で、チームAがチームBに対してポイントスプレッドが-5.5と設定されているとします。
これは、ブックメーカーがチームAを5.5ポイントのハンディキャップを持つ有利なポジションとして見なしていることを意味します。ベットの場合、以下のような結果が考えられます。

  1. チームAが試合に勝利し、試合結果がチームA 30 – チームB 20だった場合:ポイントスプレッドが-5.5なので、実質的な試合結果はチームA 24.5 – チームB 20となります。この結果、チームAがポイントスプレッドをカバーしたと言います。
  2. チームAが試合に勝利し、試合結果がチームA 28 – チームB 23だった場合:ポイントスプレッドが-5.5なので、実質的な試合結果はチームA 22.5 – チームB 23となります。この結果、チームAがポイントスプレッドをカバーできず、ベットは敗北となります。

カバーするという用語は、ポイントスプレッドが設定された状態で、ブックメーカーの期待に応じてチームが勝利するか、または特定の得点差以内で負けるかによって決まります。

期待値

ブックメーカー(スポーツベットサイト)の「期待値(Expected Value)」は、賭ける際に得られる平均的な利益や損失の見込みを表す数値です。
期待値は、特定のベットにおけるリスクとリターンを考慮して、長期的な結果を予測する際に役立ちます。

期待値の計算方法
期待値 = (成功確率 × 収益) – (失敗確率 × 賭け金)

  • 成功確率:ベットが当たる確率
  • 失敗確率:ベットが外れる確を示します。
  • 収益:ベットが成功した場合の配当(総収益)
  • 賭け金:ベットにかける金額


サッカーの試合でチームAの勝利に賭ける場合を考えます。
ブックメーカーがチームAの勝利に対してオッズを1.80と設定しており、成功確率は50%とします。賭け金は100ドルとします。

期待値を計算すると:
期待値 = (0.5 × 1.80 × 100) – (0.5 × 100) = 90 – 50 = 40

この場合、期待値は40ドルとなります。つまり、このベットは長期的に平均して40ドルの利益が期待されるベットということです。

クォーターベット

クォーターベット(Quarter Bet)は、アメリカンフットボールやバスケットボールなどのスポーツイベントにおいて用いられる特殊なベットの方法です。
このベットでは、試合を4つのクォーター(四半期)に分けて、各クォーターごとに特定の結果に賭けることができます。

具体的には、クォーターベットでは以下のようなベットが行われます:

  1. クォーターの勝敗:各クォーターごとに、どちらのチームが勝利するかに賭ける。
  2. クォーターの得点オーバーアンダー:各クォーターの合計得点がある特定の数値を上回る(オーバー)か下回る(アンダー)かに賭ける。
  3. クォーターのハンディキャップ:各クォーターごとに、チームに与えられる得点差に対して賭ける。
  4. 特定のクォーターでの最初の得点者:各クォーターで最初に得点する選手やチームに賭ける。

クォーターベットは通常、アメリカンフットボールの試合やバスケットボールの試合で提供されることが多いです。
このベットは試合の結果をより細かく予想することができるため、よりスリリングなベット方法として楽しまれています。

クロージングオッズ

ブックメーカーの「クロージングオッズ(Closing Odds)」とは、スポーツイベントが開始直前または開始後の一定の時間に設定される最終的なオッズのことを指します。
これは、試合やイベントが始まる直前になると、ブックメーカーが過去のベットの状況や情報、公開されたデータなどを考慮して最終的なオッズを再調整するために行われるものです。

クロージングオッズは、特に人気のあるスポーツイベントや重要な試合では大きく変動することがよくあります。
これは、開始直前になると多くのベッターがベットを行い、それによってオッズが影響を受けるからです。
また、試合直前になると選手の怪我や出場メンバーの変更、天候条件なども考慮され、オッズの調整が行われます。

クロージングライン

ブックメーカーの「クロージングライン(Closing Line)」とは、スポーツイベントが開始直前または開始後の一定の時間に設定される最終的なベットのライン(ポイントスプレッドやトータルポイントなど)のことを指します。
クロージングラインは、ブックメーカーが過去のベットの状況や情報、公開されたデータなどを考慮して最終的に設定するものです。

具体的な例を挙げると、アメリカンフットボールの試合で、チームAとチームBの間でポイントスプレッドが-3.5となっているとします。
開始直前になると、多くのベッターがベットを行い、その結果としてクロージングラインが-4.0に変更される可能性があります。
これは、ブックメーカーがよりバランスの取れたベットを得るために、ポイントスプレッドを微調整するからです。

クロージングラインは、開始直前や開始後の数分間で変更されることがありますが、その後はベットが締め切られ、試合が始まると変更されなくなります。したがって、クロージングラインは試合の開始前の最終的なベットのラインとして参照されることが一般的です。

グランドサラミ

「グランドサラミ(Grand Salami)」は、スポーツベットにおいて特定の日に行われる複数のスポーツイベントに対して、それらのイベントの総得点や総得点差を予測するベットのことを指します。
主にアメリカのプロフェッショナルスポーツリーグで見られるベット形式であり、通常は野球やアイスホッケーに対して行われます。

具体的に説明すると、グランドサラミでは、特定の日に行われる複数の野球試合やアイスホッケー試合の総得点を予測します。
例えば、野球の場合は、その日に行われる全ての試合の得点を合計して、その合計得点がオーバーやアンダーのラインになるかを予測することになります。
ブックメーカーはグランドサラミ用にオーバーやアンダーのラインを設定し、ベッターはそれに賭けることになります。

例として、野球のグランドサラミでオーバーやアンダーラインが合計20点と設定されている場合、ベッターはその日の全試合の得点を合計して20点以上か、20点以下かを予測します。
もし試合の合計得点が20点を超えた場合、オーバーが当たりとなり、20点以下だった場合、アンダーが当たりとなります。

グランドサラミは、1日に複数の試合を楽しむことができるため、スポーツファンにとって魅力的なベットの一つです。

ケリー基準

ケリー基準(Kelly Criterion)は、スポーツベットなどの賭けにおいて、効果的な賭け金の管理方法を提案する数学的な理論です。
ケリー基準は、ベットする際のリスクとリターンをバランスさせ、長期的に利益を最大化するための適切なベット額を計算するのに役立ちます。

ケリー基準の計算方法
適切なベット額 = (成功確率 × 配当率 – 失敗確率) ÷ 配当率
・成功確率:ベットが成功する確率を示します。
・失敗確率:ベットが失敗する確率を示します。
・配当率:ベットが成功した場合の配当率を示します。

ケリー基準によって計算される適切なベット額は、ベッターがリスクを最小限に抑えつつ、長期的に期待値(利益の期待値)を最大化するための賭け金を示します。
ただし、この計算結果が負の値になる場合は、そのベットを行うべきではありません。

ケリー基準は数学的な理論であり、理想的な賭け金管理方法とされていますが、実際のスポーツベットにおいては全ての要素を正確に把握することが難しい場合もあります。
したがって、ケリー基準を厳密に適用する際には、ベットに関連する確率や配当率を正確に把握する必要があります。

コミッション

ブックメーカーの「コミッション(Commission)」は、スポーツベットにおいて一部のベットに対してブックメーカーが差し引く手数料や手数料率のことを指します。
特定のベットに対してコミッションが適用されることで、ベッターが受け取る配当額が減少します。

コミッションは主に取引やサービス提供に対する手数料としてブックメーカーによって設定されます。
一般的に、オンラインのブックメーカーやスポーツベットサイトでは、コミッションは非常に低いかまたはない場合が多いですが、一部の特殊なベットや高額のベットに対してコミッションが設定されることがあります。

具体的な例として、競馬の場合を考えてみましょう。競馬では、馬券を購入する際に一部の額がコミッションとして差し引かれることがあります。
例えば、1000円の馬券を購入した場合、コミッション率が5%の場合は、実際にベッターが支払う金額は1000円 + (1000円 × 5%) = 1050円となります。
このコミッションは、競馬場やブックメーカーが運営コストや賞金などを賄うために設定されることがあります。

コレクトスコア

ブックメーカーの「コレクトスコア(Correct Score)」は、スポーツベットにおいて特定のスポーツイベント(主にサッカー)に対して、正確な試合結果のスコアを予測するベットのことを指します。
ベッターは、試合の結果がどのようなスコアになるかを予測し、それに賭けることになります。

具体的な例を挙げると、サッカーの試合で、チームAとチームBの試合結果を予測する場合を考えます。
ブックメーカーが提供するオプションの中から、例えばチームAが2-1で勝利する、0-0で引き分ける、またはチームBが3-2で勝利する、などのスコアを選択することができます。

コレクトスコアは、一般的に高配当のオッズが設定されているため、的中すれば高額の配当を得ることができます。
しかし、試合結果を正確に予測することは難しく、的中率は低くなります。
そのため、コレクトスコアは高リスク・高リターンのベットとされています。

コーフェイバリット

「コーフェイバリット(Co-Favourite)」は、スポーツベットにおいて複数の競技者やチームが同じ評価やオッズで最も優勢とされる状態のことを指します。
つまり、複数の選択肢が同じくらいの可能性を持っていて、ブックメーカーがそれらを同じくらいの勝利の可能性を持っていると判断した場合に使われます。

例えば、サッカーの試合でチームAとチームBが対戦する場合を考えます。ブックメーカーが両チームに対してオッズを1.90と設定した場合、両チームがコーフェイバリットとされます。これは、両チームが勝利する可能性を同じくらいと見なしていることを意味します。

コーフェイバリットの場合、両チームのオッズが非常に近い値になります。
ただし、試合前にベットが入ると、オッズは変動することがあります。
特に、多くのベットが一方のチームに寄せられると、そのチームのオッズが下がり、他方のチームのオッズが上がることがあります。

固定オッズベティング

ブックメーカーの「固定オッズベティング(Fixed Odds Betting)」とは、スポーツベットにおいてベッターがベットを行う際に、事前に確定されたオッズでベットを行う形式のことを指します。
つまり、ベットを行う前にブックメーカーが提供するオッズが固定されており、そのオッズがベッターにとっての配当額が勝利時に支払われる額を示します。

具体的な例を挙げると、サッカーの試合でチームAとチームBの試合結果を予測する場合を考えます。
ブックメーカーは両チームに対して勝利のオッズを2.00と設定したとします。
ベッターがチームAに1000円を賭け、チームAが勝利した場合、ベッターは1000円 × 2.00 = 2000円の配当を受け取ります。

固定オッズベティングでは、ベットが行われる前にオッズが確定しているため、ベッターはベット額とオッズをかけて勝利時の配当額を事前に計算することができます。
したがって、ベッターが勝利した場合に受け取る配当額が事前に分かるため、リスクをよく把握した上でベットを行うことができます。

スポーツベッとさ行

サークルゲーム

「サークルゲーム(Circled Game)」は、ブックメーカーやスポーツベットサイトで提供される特定のスポーツイベントに対して、通常よりも制限されたオッズやベットの条件が適用されることを指します。

これは一般的に、そのイベントに対して特定の要因が影響を与える可能性がある場合に設定されることがあります。

具体的な例を挙げると、以下のような場合にサークルゲームが設定されることがあります。

・重要な選手の怪我や欠場:特定のスポーツイベントで重要な選手が怪我をしたり、欠場することが発生した場合、その影響を考慮してオッズを制限することがあります。
これは、怪我人が出たことによる試合の結果への影響を減らすためです。
・天候や会場の影響:野外で行われるスポーツイベントにおいて、天候が試合に影響を与える可能性がある場合や、特定の会場での条件が異なる場合に、オッズを制限することがあります。
・不正行為や調査中の問題:特定のスポーツイベントにおいて不正行為が疑われる場合や、調査中の問題がある場合に、ベットの条件を制限することがあります。

サークルゲームでは、通常よりもオッズが制限されたり、ベットの種類やベット額に制約が加わる場合があります。
これはベッターが過度に影響されたイベントに大きな賭けを行わないようにするための措置です。

シャープ

「シャープ(Sharp)」は、スポーツベットの世界でよく使われる用語で、プロの賭け手や上級者を指します。
シャープは、高度な分析や情報収集を行い、的確な予測と判断を行うことで、長期的に利益を上げることができるベッターのことを指します。

具体的に説明すると、シャープは単純な運だけでなく、試合や選手のデータを分析し、傾向や統計を考慮してベットを行います。
また、様々なブックメーカーのオッズを比較し、最適なオッズを見つける能力も持っています。シャープはリスクを最小限に抑えつつ、ベットによる利益を追求します。

一方で、一般的なベッターを「パブリック(Public)」と呼びます。パブリックは主に感情に基づいてベットを行うことが多く、メディアや人気選手に影響されて、人気チームやファンのいるチームに賭ける傾向があります。

シャープはその豊富な知識と経験によって、ベットにおいて優位に立つことができることがあります。
彼らの存在がブックメーカーにとっても重要で、オッズの変動に影響を与えることがあります。

ジュース

ブックメーカーの「ジュース(Juice)」とは、スポーツベットにおいてブックメーカーが利益を得るために設定する手数料や手数料率のことを指します。
別名として「ヴィゴー(Vigorish)」や「ヴィグ(Vig)」とも呼ばれることがあります。

具体的に説明すると、ブックメーカーはベットを受け付ける際に、通常はオッズを設定します。例えば、2つのチームが対戦する試合において、両チームの勝利のオッズが1.90と設定されているとします。
ベッターが1000円の賭けを行った場合、配当額は1000円 × 1.90 = 1900円となります。
しかし、ブックメーカーはベッターに対して1900円ではなく、例えば1850円の配当を支払うことにすることで、50円のジュースを得ることができます。

ジュースは、ブックメーカーがスポーツベットを運営する際の利益源となります。ベットの対象となるイベントのオッズは、実際の確率よりもやや低めに設定される傾向があるため、ブックメーカーが長期的に収益を得ることができます。

初心者の方がジュースを理解する上で注意すべき点は、ブックメーカーが設定するオッズにはジュースが含まれている可能性があることです。
ジュースはベッターにとっての利益を少し削る要素であるため、より高い配当を得るためには競合他社のオッズを比較し、ベットを行う際にジュースを考慮することが大切です。

ジョイントフェイバリット

「ジョイントフェイバリット(Joint Favorite)」は、スポーツベットにおいて、複数の競技者やチームが同じ評価やオッズで最も優勢とされる状態のことを指します。
つまり、複数の選択肢が同じくらいの可能性を持っていて、ブックメーカーがそれらを同じくらいの勝利の可能性を持っていると判断した場合に使われます。

例を挙げると、サッカーの試合でチームA、チームB、チームCが対戦する場合を考えます。
ブックメーカーが提供するオッズの中で、これら3つのチームの勝利のオッズが全て同じくらいの場合、これらのチームはジョイントフェイバリットとなります。
つまり、ブックメーカーはこれらのチームが勝利する可能性を同等と見なしているという意味です。

ジョイントフェイバリットの場合、複数の選択肢が同じオッズで評価されるため、ベッターはこれらの選択肢の中からどれかを選んでベットすることになります。
ただし、試合前にベットが入るとオッズは変動することがあります。
特に多くのベットが一方の選択肢に寄せられると、その選択肢のオッズが下がり、他の選択肢のオッズが上がることがあります。

ジョリー

「ジョリー(Jolly)」は、スポーツベットの世界でしばしば使われる用語で、特にイギリス英語でよく見られます。
ジョリーは、競馬やドッグレースなどのレースにおいて、優勢と見なされる選手や競技者のことを指します。

具体的な例を挙げると、競馬のレースで特定の馬が他の馬よりも優れているとされている場合、その馬は「ジョリー」と呼ばれます。
ブックメーカーや専門家、一般のファンなどがその馬を有力視しており、勝利の可能性が高いと見られていることが特徴です。

ジョリーは一般的にオッズが低く設定される傾向があります。
なぜなら、多くのベッターがジョリーに賭ける可能性が高いため、ブックメーカーはリスクを抑えるために低いオッズを設定することが一般的だからです。
したがって、ジョリーに賭けた場合、配当はそれほど高くないことが多いです。

一方で、スポーツには予測不可能な要素が含まれることがありますので、ジョリーが必ずしも勝利するとは限りません。
ベッターがジョリーに賭けるかどうかは、各人の判断に委ねられています。

上限

ブックメーカーにおける「上限(Upper Limit)」は、特定のベットに対して設定された最大賭け金額のことを指します。
つまり、ブックメーカーは一定のイベントやオッズに対して、ベッターが賭けることのできる金額の上限を設けています。

上限はブックメーカーがリスクを管理するために重要な役割を果たします。
特に大きな金額を賭けるベッターがいる場合、ブックメーカーは大きな支払いをするリスクを抱えることになるため、上限を設けることでそのリスクを制御しようとします。

例を挙げると、あるサッカーの試合において、ブックメーカーがチームAの勝利のオッズを1.80と設定し、上限を10,000円と決めたとします。
ベッターがチームAの勝利に対して10,000円を賭ける場合、これ以上の金額を賭けることはできません。
上限を超える金額での賭けは受け付けられないため、ベッターは10,000円を超える金額での賭けを行うことはできません。

上限はブックメーカーによって異なります。
一部のブックメーカーは高額の上限を設けている場合もありますが、一般的にはリスクを制御するために上限を設けていることが多いです。
ベッターが大きな金額を賭ける場合には、上限を事前に確認しておくことが重要です。

出場予定ピッチャー

出場予定ピッチャー(Scheduled Starting Pitcher)」は、野球のスポーツベットにおいて特に重要な要素の一つです。
野球の試合では、両チームがピッチャーと呼ばれる投手を投入します。
そして、ブックメーカーが提供する野球の試合においては、ベットを行う際に特定のピッチャーが試合に出場することが前提となります。

出場予定ピッチャーは、試合開始前にブックメーカーが公表する情報で、各チームが試合に投入する予定のピッチャーを示します。
この情報はベッターにとって重要で、特定のピッチャーが出場する場合と出場しない場合では試合の展開や結果が異なるため、ベットの判断に影響を与えることがあります。

なぜ出場予定ピッチャーが重要かというと、ベットが有効となるためには、出場予定ピッチャーが試合に実際に出場しなければならない場合が多いからです。
もしベットをした試合で予定されていたピッチャーが急遽変更された場合、そのベットは無効となることがあります。

そのため、ブックメーカーは出場予定ピッチャーを指定することで、ベットが有効であることを確保し、公正な賭けを行うことを目指しています。

スカルピング

「スカルピング(Scalping)」は、スポーツベットにおける一種のベッティング戦術です。
スカルピングは、非常に短期間で小さな利益を多く積み重ねることを目指す戦略で、短期間で何度もベットを行うことが特徴です。

スカルピングを行うベッターは、オッズの変動や市場の変化を利用して、利益を追求します。
但し利益としては少なめになるので多くのベットを行う事をおすすめします。
スポーツイベント中にオッズが変動することがよくありますが、スカルピングのベッターはこれらの変動に素早く反応し、オッズの変化によって異なる結果に賭けを行います。

例えば、サッカーの試合で、一方のチームが先制点を挙げたことで相手チームのオッズが下がる場合、スカルピングのベッターは相手チームに賭けを行うことで、オッズ変動による利益を追求します。
そして、その後に他のチームに賭けを行うことで、オッズの変動によって利益を確保しようとします。

スクエア

ブックメーカーの世界で「スクエア(Square)」とは、一般的に賭けにおいて経験が浅く、知識や戦術が限られている、またはオッズやベットの選択において一般的な意見や流行に従うベッターを指します。
スクエアは、より経験豊富で戦術に優れたベッター、つまり「シャープ(Sharp)」と対比されることがあります。

具体的には、スクエアは以下のような特徴を持つ場合があります。

  1. オッズの影響: スクエアはオッズやライン(ハンディキャップ)の変化に敏感で、一般的な意見やメディアの報道に左右されやすい傾向があります。その結果、人気のあるチームや選手に対して偏ったベットをすることが多いです。
  2. 常識的なベット: スクエアは一般的な常識や直感に基づいてベットを行うことが多く、統計やデータ分析などよりも直感に頼る傾向があります。
  3. 小額の賭け: スクエアは大きなリスクを避ける傾向があり、小額の賭けを好むことが多いです。

スクエアは、一般的な意見や流行に追随することが多いため、一時的には成功することもありますが、長期的にはシャープに比べて利益を上げることが難しいことがあります。

スティーム

ブックメーカーの世界で「スティーム(Steam)」とは、急激なオッズの変動を指します。
特定のイベントや試合において、多くのベッターが同じ方向に大量の賭けを行うことで、その選択肢のオッズが急速に変化する現象をスティームと呼びます。

スティームは通常、情報の急な広まりや大衆の反応によって引き起こされることがあります。
例えば、重要な選手の怪我や出場辞退の情報、試合前のトピックスに関する報道などが影響する場合があります。
また、一般的なベッターがある特定のチームや選手に集中的に賭けを行うこともスティームの要因となり得ます。

スティームによるオッズの急変は、ブックメーカーがリスクを最小限に抑えるために迅速に対応することが求められます。
ブックメーカーはスティームが発生すると、その選択肢のオッズを素早く調整して再提示します。
これにより、スティームに乗ったベッターがより低いオッズで賭けを行うことになります。

ステーク

ブックメーカーにおける「ステーク(Stake)」は、ベッターが賭ける金額や投資する金額を指します。つまり、ステークは賭ける対象となる金銭の額のことを意味します。

例えば、サッカーの試合に100ドルを賭ける場合、その100ドルがステークとなります。
スポーツベットでは、ベッターが自分の予想や判断に基づいて賭けを行い、その結果によって賞金を得ることが目的となります。
ステークが大きいほど、賞金も大きくなる可能性がありますが、同時にリスクも高まることを理解しておく必要があります。

ストレートベット

ブックメーカーにおける「ストレートベット(Straight Bet)」は、最も基本的で一般的なベットの形式です。
ストレートベットは、単一のイベントや試合に対して、1つのオプションに賭けることを意味します。
ベッターは勝利チーム、勝利選手、あるいは特定の結果に賭けることができます。

例えば、サッカーの試合であれば、1つのチームが勝利することに賭けることができます。
野球の試合なら、特定のチームが勝つか負けるかに賭けることができます。
バスケットボールの試合では、特定の選手が得点王になるかどうかに賭けることもできます。

ストレートベットはシンプルでわかりやすく、初心者にとっても始めやすいベットの形式です。賭ける対象が1つだけなので、選択肢が限られています。
ただし、配当率(オッズ)は賭ける対象の可能性やリスクに応じて変動するため、より高い配当率を狙う場合にはよく考える必要があります。

例えば、試合のオッズが2.00の場合、100ドルを賭けて勝利した場合は200ドルの配当を受け取ることができます。
ただし、高いオッズの対象に賭けると、よりリスクが高まることを理解しておく必要があります。

スプリットボールハンディキャップ

スプリットボールハンディキャップ(Split Ball Handicap)は、主にサッカーなどのスポーツベットにおいて用いられる一つのハンディキャップの中間値に対して、賭けを行うベッティングオプションです。

通常、ハンディキャップベットでは、強いチームにハンディ(不利な条件)を与え、弱いチームに有利な条件を与えることで、試合のアウトカムのバランスを取ります。
例えば、ハンディキャップが-1.5と+1.5の場合、-1.5のハンディを持つチームが試合に勝利するか、または1点差で負ける場合にベットが成功となります。

一方、スプリットボールハンディキャップでは、ハンディキャップが例えば-1.25や+1.75などの小数点がつくような値になります。
これにより、勝敗の特定の結果に対してベッティングが行われることを意味します。

例を挙げると、-1.25のスプリットボールハンディキャップの場合、ベットは以下のように解釈されます。

  • ハンディキャップ-1.0: 賭けが引き分けとして返金されます。
  • ハンディキャップ-1.5: ベットが失敗となります。
  • ハンディキャップ-1.25: 賭けが成功となります(ハンディキャップが-1.0と-1.5の中間値)。

同様に、+1.75のスプリットボールハンディキャップの場合、ベットは以下のように解釈されます:

  • ハンディキャップ+1.5: 賭けが成功となります。
  • ハンディキャップ+2.0: ベットが失敗となります。
  • ハンディキャップ+1.75: 賭けが成功となります(ハンディキャップが+1.5と+2.0の中間値)。

スプリットボールハンディキャップは、特定のオッズによって中間値を持つハンディキャップに賭けることで、よりリスクを制御したり、より高いリターンを追求したりすることができます。

スプレッド

ブックメーカーの世界で「スプレッド(Spread)」とは、主にアメリカンフットボールやバスケットボールなどのスポーツベットにおいて用いられる、試合の予想される得点差を表す指標です。
スプレッドはハンディキャップとしても知られています。

スプレッドベットでは、2つのチーム(または競技者)の間にある得点差に賭けを行います。一般的に、スポーツブックは試合の力関係を考慮して、強いチームに不利な得点差を与え、弱いチームに有利な得点差を設定します。
これにより、試合の結果に関係なく、ベットがより公平な条件で行われるようになります。

例えば、アメリカンフットボールの試合で、チームAがチームBに10ポイントのスプレッドで勝つとします。
この場合、以下のようなベットが設定されます。

  • チームAに賭ける(スプレッド-10): チームAが11ポイント以上で勝った場合にベットが成功します。
  • チームBに賭ける(スプレッド+10): チームBが勝利したか、または9ポイント差以内で負けた場合にベットが成功します。

スプレッドベットは、試合のアウトカムに関係なく、ベッターにとって興味深くなるような賭け方です。
試合の結果がどちらに転んでも、スプレッドに応じて勝敗が決まるため、試合が終わるまで興奮を持って観戦することができます。

スプレッドベッティング

固定オッズベッティングとは異なり、イベントの結果に対してスプレッドが与えられるベッティング方法で、ベッターは結果がそれより大きいか小さいかを予想する。
損失または利益は、単位ステーク X(結果と与えられたスプレッドの差)の倍数になる。

スプレッドベッティング(Spread Betting)は、主にアメリカンフットボールやバスケットボールなどのスポーツイベントにおいて用いられる一種のハンディキャップベットの方法です。
スプレッドベッティングでは、2つの競技チームの間に設定された得点差(スプレッド)に対して賭けを行います。

具体的には、スポーツブック(ブックメーカー)が試合の力関係を考慮して、強いチームに不利な得点差(マイナスのスプレッド)を与え、弱いチームに有利な得点差(プラスのスプレッド)を設定します。
ベッターは、各チームのスプレッドに応じて賭けを行うことになります。

例を挙げると、アメリカンフットボールの試合でチームAとチームBが対戦し、スポーツブックがチームAに-3.5ポイントのスプレッドを設定したとします。
この場合、以下のようなベットが可能です:

  • チームAに賭ける(スプレッド-3.5): チームAが4ポイント以上で勝利した場合にベットが成功します。
  • チームBに賭ける(スプレッド+3.5): チームBが試合に勝利するか、または3ポイント差以内で負けた場合にベットが成功します。

スプレッドベッティングの魅力は、試合のアウトカムに関係なく興味深い賭けができることです。
例えば、強いチームが勝つ見込みの場合でも、スプレッドが大きい場合には逆転勝利が期待されるなど、試合が終わるまで楽しみながら観戦することができます。

スペシャル

3つの基本的なタイプ(マネーライン/1×2、ハンディキャップ/スプレッド、トータル)やその派生形以外のすべてのベット。

ブックメーカーにおける「スペシャル(Special)」は、特定のスポーツイベントに関連する様々な特別なベットオプションを指します。
これは通常、試合の勝敗や得点差だけでなく、試合外の出来事や特定のプレイヤーやチームに関連する出来事にもベットを行うことができるベット形式です。

スペシャルベットでは、一般的な試合結果とは直接関係しないイベントや現象に賭けることが可能です。
例えば、特定のサッカー選手がゴールを決めるかどうか、野球の試合でホームランが何本出るか、テニスの試合で第1セットのゲーム数がオーバーやアンダーになるかなど、さまざまなスペシャルなオプションが提供されます。

スペシャルベットは、通常の試合結果に賭けるよりもエキサイティングでバラエティ豊かなベットとして人気があります。
特にメジャーなスポーツイベントや大会では、多くのスペシャルベットオプションが提供されることがあります。

スポーツブック

ブックメーカーにおける「スポーツブック(Sportsbook)」とは、スポーツベットや賭けを受け付けるオンラインまたはオフラインの施設やプラットフォームのことを指します。
スポーツブックは、様々なスポーツイベントに対してベットを受け付け、試合結果や特定の出来事に賭けることを提供します。

具体的には、スポーツブックでは以下のようなベットが行われます。

  1. 試合の勝敗や引き分けに賭ける:例えば、サッカーの試合で特定のチームが勝つか、または引き分けになるかに賭けることができます。
  2. ポイントスプレッドベット:アメリカンフットボールやバスケットボールなどのスポーツで、試合の得点差に賭けることができます。
  3. アウトライトベッティング:大会全体での優勝者や特定のプレイヤーの成績に賭けることができます。
  4. スペシャルベット:特定のイベントや出来事に賭けることができる特別なベットオプションです。

スポーツブックは、ベッターが賭けた金額に応じてオッズを設定し、試合結果が出た後に配当を支払います。
ベッターはスポーツブックの提供するオッズを基に自分の予想や判断に応じて賭けを行います。

セカンドハーフベット

セカンドハーフベット(Second Half Bet)は、主にフットボール(サッカー)などのスポーツイベントにおいて、試合の後半(セカンドハーフ)にのみ成立するベットのことを指します。
通常、フルタイムの試合結果には関係せず、後半の結果や得点などに賭けることが特徴です。

具体的には、セカンドハーフベットでは以下のようなベットが行われます。

  1. 得点のオーバーアンダー:後半における両チームの得点合計が、ある特定の数値を上回る(オーバー)か下回る(アンダー)かに賭ける。
  2. ハーフタイム/フルタイム:セカンドハーフの試合結果とフルタイムの試合結果を同時に予想して賭ける。
  3. セカンドハーフの勝者:後半のみの試合結果を予想して、勝利するチームを選んで賭ける。
  4. セカンドハーフの最初の得点者:後半で最初に得点する選手やチームを予想して賭ける。

セカンドハーフベットは、フルタイムの試合結果を待たずに、後半だけで結果が分かるため、より迅速な結果が得られるという特長があります。

また、セカンドハーフでは選手やチームのコンディションが変化することもあるため、賭けの幅が広がり、より多くのベッティングオプションが提供されることもあります。

セル

ブックメーカーにおける「セル(Sell)」という用語は、スポーツベットにおいてオッズやベットの条件を提示する側、つまりブックメーカー側の行動を指します。

ブックメーカーはスポーツイベントに対してオッズを設定します。
オッズはベットの賠償率を示すもので、特定の結果がどれだけの確率で発生するかを表しています。
オッズは一般的に勝利チームや選手、特定の得点差、特定の出来事に対して設定されます。

ブックメーカーがオッズを提示することで、ベッターは自分の予想に基づいてベットを行うことができます。
ベッターがブックメーカーから提示されたオッズに納得し、ベットを行う場合、それはブックメーカーに対してオッズを「買う」(Buy)とも言われます。

セル(Sell)はその逆の行為を意味します。
つまり、ブックメーカーが自分の設定したオッズや条件に対してベットを受け付けることを指します。
ベッターがブックメーカーに対してオッズや条件を提示し、ブックメーカーがそれを受け入れることでベットが成立します。

一般的に、ブックメーカーは多くの場合、ベッターに対してオッズを提示する側として行動しますが、時にはベッターが自分の設定したオッズに対してブックメーカーがベットを受け入れることもあります。
このような場合、ベッターは自分がブックメーカーの立場になってベットを買うことになります。

スポーツベットた行

タイ

ブックメーカー(スポーツベット)において、「タイ(Tie)」とは、試合やイベントの結果が引き分けになった場合のベットの結果を指します。

例えば、サッカーやバスケットボールなどの試合において、勝敗が決定せずに試合が引き分けに終わった場合、該当するベットが「タイ」となります。
同様に、テニスや野球の一部のイベントでも引き分けの可能性があります。

タイの結果によって、ベットの処理や配当が異なります。
一般的なスポーツベットでは、勝利チームや勝利選手に賭けた場合は勝利していることが必要ですが、引き分けに賭けた場合は引き分けになることで配当が支払われます。

タイが起こる確率は試合やイベントの性質によって異なります。例えば、サッカーの試合では引き分けの確率が高い場合が多く、一方、バスケットボールの試合では引き分けが少ないことが一般的です。

タウト

ベッティングのティップを教えるアドバイザーの人等の総称

ダイム

ブックメーカー(スポーツベット)において、「ダイム(Dime)」とは、アメリカのスポーツベット業界で使われる特定の賭け金の単位を指します。
ダイムは1ドルの10分の1(つまり10セント)を表します。
この用語は主にアメリカのスポーツベットコミュニティで使われており、ベットの金額やオッズに関連してよく使われます。

例えば、オッズが「-150」の場合、これはダイムラインで表現されています。
これは1ドルを賭けてもうけることができる利益が1.50ドルであることを意味します。
一方で、「+200」のオッズは、1ドルの賭けに対して2ドルの利益を得ることができることを示します。

ダイムはベットの単位としてよく用いられ、特にアメリカのスポーツベットではオッズの表現や賭け金の取り扱いに影響を与えます。
例えば、$100の賭けを1ダイムと表現することもあります。また、ベットのオッズがプラスの場合、1ダイムは100ドルに相当することもあります。

ダブルアクション

ブックメーカー(スポーツベット)における「ダブルアクション(Double Action)」は、1つのベットで2つの異なるベットが含まれる特殊なベット方法です。
このベットでは、2つの異なるイベントに対して同時に賭けを行います。

具体的には、ダブルアクションでは以下のようなベットが行われます。

  1. パーレイ(Parlay):2つ以上の異なるベットを組み合わせたもので、すべてのベットが当たった場合に高額な配当を獲得することができます。例えば、2つのチームの勝利や特定の得点差を予想するベットを組み合わせることができます。
  2. ティーザー(Teaser):複数のベットに対してポイントスプレッドや得点オーバーアンダーを微調整して賭ける方法です。ポイントスプレッドを自分の有利な方向に変更することで、勝率を高めることが狙いです。

ダブルアクションでは、2つのベットが1つのパッケージとして提供されるため、両方が当たるか、または両方が外れるかのどちらかで結果が決まります。
一方が当たってもう一方が外れる場合、全体としては失敗となります。

ダブルヘッダー

ブックメーカー(スポーツベット)における「ダブルヘッダー(Doubleheader)」は、主に野球やサッカーなどのスポーツで使われる用語です。
これは1日に同じ場所で2つの試合が連続して行われることを意味します。

具体的には、野球のダブルヘッダーでは、通常1試合の代わりに2試合が連続して開催されます。これは、試合のスケジュールや天候の影響で、元々予定されていた日程に2試合を組み込む必要が生じた場合に行われることが多いです。

サッカーなど他のスポーツにおいても、特定の理由で同じ日に2試合が行われる場合があります。
ダブルヘッダーでは、1日に2つの試合が行われるため、スポーツファンにとっては特別な楽しみとなります。

スポーツベットにおいても、ダブルヘッダーは興味深い対象となります。
ブックメーカーは通常、それぞれの試合に対して個別のオッズを提供します。
ベッターは2つの試合に対して個別のベットを行うことができますし、さらに両試合を組み合わせてパーレイ(Parlay)としてベットすることもできます。

ダブルベット

ブックメーカー(スポーツベット)における「ダブルベット(Double Bet)」は、1つのベットで2つの異なるオプションに賭ける方法を指します。
つまり、1回のベットで2つの異なる予測を行い、両方の結果に対して賭けることができます。

例えば、サッカーの試合でのダブルベットの場合、同じ試合に対して次のようなベットを行うことができます。

  1. チームAが勝つ。
  2. 試合が引き分けになる。

このように、1つの試合に対して2つの結果に賭けることができます。
ダブルベットは、1回のベットで複数の予測をカバーするため、ベットのカバー範囲を広げることができるメリットがあります。

ブルベットは他のオプションと組み合わせることも可能です。
例えば、3つのオプションを組み合わせる場合、トリプルベットと呼ばれることがあります。

ダブルリザルト

ブックメーカー(スポーツベット)における「ダブルリザルト(Double Result)」は、特定のスポーツイベントに対して、前半と後半の2つの異なる時点における結果を予測するベット方法を指します。
主にサッカーやラグビーなどのスポーツでよく見られるベットの形式です。

具体的には、ダブルリザルトでは以下のような予測を行います。

  1. ハーフタイム/フルタイム(Half-Time/Full-Time):前半の結果と後半の結果を組み合わせて予測します。例えば、「ホームチームが前半で勝ち、試合全体でも引き分けになる」といった結果に賭けることができます。
  2. ファーストゴールスコアラー/ラストゴールスコアラー(First Goal Scorer/Last Goal Scorer):試合で最初に得点する選手と試合で最後に得点する選手を予測します。この2つの結果を組み合わせてベットします。

ダブルリザルトは、1つのベットで複数の結果をカバーすることができるため、一般のベットよりも当たる確率は低くなりますが、その分配当が高くなります。
特に難解な結果を予測することができるベット方法として人気があります。

チケット

ブックメーカー(スポーツベット)における「チケット(Ticket)」とは、ベットを行った際に発行される賭けの証明書や確認書のことを指します。
ベットをする際に、オンラインのベットサイトやブックメーカーの窓口で、選んだ賭けの詳細が記載されたチケットが発行されます。

具体的な特徴は以下の通りです。

  1. 賭けの内容:チケットには、どのスポーツイベントに対して、どのチームや選手に賭けたか、賭けた金額、賭けの種類(例:マネーライン、スプレッドベッティング、オーバーアンダーなど)、賭けのオッズなどの詳細が記載されます。
  2. 確認用途:チケットはベットを行った内容を確認するために利用されます。間違いがないか確認したり、後で問題が発生した場合に証拠として使われることがあります。
  3. キャッシングアウト:一部のブックメーカーでは、賭けの結果がまだ確定していない場合でも、チケットを利用して早めにキャッシングアウト(途中で賭けを終了して現金化すること)することができる場合があります。
  4. オンラインチケット:現代では多くのベットがオンラインで行われるため、チケットは通常オンラインアカウント内に表示されます。オンラインチケットは、ユーザーがアクセスしやすく、いつでも確認できる利便性があります。

チョーク

ブックメーカー(スポーツベット)における「チョーク(Chalk)」とは、特定の試合やイベントにおいて、オッズが低く(配当が低く)、勝利が予想される側のチームや選手を指します。
つまり、非常に有利な条件であるため、一般的に勝利が期待される一方の側を意味します。

例えば、サッカーの試合で強豪チームが無敵の弱小チームと対戦する場合、強豪チームがチョークとされることがよくあります。
また、テニスの試合でランキングの上位に位置する選手が、ランキングの低い選手と対戦する場合も同様です。

チョークは一般的に勝利が確実視されるため、賭ける際のオッズが低く設定されます。
例えば、賭けた金額が倍に戻るようなオッズ(1.50や1.25など)がチョークの場合があります。勝率が高いことから、リスクは低いものの、配当もそれほど高くないという特徴があります。

ティッシュプライス

ブックメーカー(スポーツベット)における「ティッシュプライス(Tissue Price)」とは、ブックメーカーがスポーツイベントに対して最初に提示する予想オッズのことを指します。
これは、試合やレースが開始する前に、ブックメーカーが勝者や特定の結果のオッズを初めて公開する時点の倍率です。

ティッシュプライスは、ブックメーカーが事前の研究や分析を行った結果に基づいて設定されますが、イベントが開催される前なので、実際のベットの量や賭ける人々の意見が反映されていない場合があります。

その後、イベントに対する賭けの量やユーザーの意見などが反映され、オッズが変動することがよくあります。
特に大きな金額のベットが入ったり、特定のチームや選手に多くのユーザーが賭けを行ったりすると、ブックメーカーはオッズを調整することがあります。

ティッシュプライスは、ブックメーカーが提供する初期のオッズであり、後のタイミングで変動する可能性があるため、賭ける際には最新のオッズを確認することが重要です。

ティップ

ブックメーカー(スポーツベット)における「ティップ(Tip)」とは、他のベットユーザーやエキスパートが提供するスポーツベットに関するアドバイスや予測のことを指します。

ティップの特徴

  1. 予測情報:ティップは、試合やレースの結果を予測する情報です。他のユーザーやエキスパートが、試合の結果や勝者を予測したり、特定のオッズに対する見解を提供したりします。
  2. ソース:ティップは、専門家やアナリストによるプロの意見から、一般のユーザーの予測までさまざまなソースから提供されます。ソーシャルメディア、ベットサイトのコミュニティ、ウェブサイトやフォーラムなどで見つけることができます。
  3. 参考情報:ティップは参考情報として提供されるため、その情報が必ずしも正確であると保証されるものではありません。ベットを行う際には、自分自身でもリサーチを行い、よく考慮した上で判断することが大切です。
  4. 賭けの決定に役立つ:ティップを参考にすることで、スポーツベットにおいて自分の意見を補完したり、他の視点を知ることができます。情報が豊富であればあるほど、よりよいベットの決定を行える可能性が高まります。

ティーザー

ブックメーカー(スポーツベット)における「ティーザー(Teaser)」は、アメリカンフットボールやバスケットボールなどのスポーツベットで使われる特殊な賭けの方法です。
ティーザーでは、複数の試合に対してポイントスプレッド(ハンディキャップ)やオーバーアンダー(合計得点)の値を変更して、賭けることができます。

ティーザーの特徴

  1. ポイントスプレッドの変更:通常、スポーツベットでは各チームに対してポイントスプレッド(得点の差)が設定されます。ティーザーでは、そのポイントスプレッドを賭ける側に有利に変更することができます。例えば、-6.5ポイントのチームが-2.5ポイントに変更されるなどです。
  2. オーバーアンダーの変更:オーバーアンダーは、試合の合計得点を予測する賭け方です。ティーザーでは、オーバーアンダーの値を賭ける側に有利に変更することができます。例えば、50.5ポイントのオーバーアンダーが55.5ポイントに変更されるなどです。
  3. 配当率の低下:ティーザーでは、ポイントスプレッドやオーバーアンダーを有利に変更できる代わりに、配当率が低下します。つまり、リスクを減らす代わりに、配当が小さくなることになります。

ティーザーはリスクを低減する手段として人気がありますが、それによって配当も小さくなるため、大きな利益を得ることは難しいです。
また、ティーザーの利用にはブックメーカーによってルールが異なる場合があるので、ルールを理解してから賭けることが重要です。

テイキングポイント

ブックメーカー(スポーツベット)の用語である「テイキングポイント(Taking Points)」とは、アメリカンフットボールやバスケットボールなどのスポーツベットにおいて、賭ける側がポイントスプレッドを利用して有利な条件で賭けることを指します。

具体的には、以下のような特徴があります。

  1. ポイントスプレッド:アメリカンフットボールやバスケットボールなどの試合では、勝利を予測するためにポイントスプレッドが設定されます。例えば、チームAがチームBに10ポイントの差で勝つと予測する場合、ポイントスプレッドは「-10」です。
  2. テイキングポイント:テイキングポイントとは、賭ける側がポイントスプレッドを利用して、チームAが10ポイントの差以上で勝つことを賭けることを意味します。つまり、テイキングポイントを選択することで、賭ける側が有利な条件で賭けることができます。
  3. テイキングポイントの配当:テイキングポイントは、ポイントスプレッドを利用して有利な条件を選択するため、配当率は低くなります。リスクを減らす代わりに、配当が小さくなる傾向があります。

例えば、試合のポイントスプレッドが「-10」となっている場合、テイキングポイントを選択すると、賭ける側がチームAが10ポイント以上で勝つことを予測することになります。
この場合、チームAが11点差以上で勝てば賭けに勝利し、賭けた金額に応じた配当を受け取ることができます。

トータル

ブックメーカー(スポーツベット)における「トータル(Total)」とは、試合やレースの合計得点や合計時間など、特定のイベントの総計を予測する賭け方を指します。
トータルは主にオーバーアンダーベッティングとして知られています。

具体的には、以下のような特徴があります。

  1. オーバーアンダー:トータルの賭け方には、オーバーアンダーベッティングという2つの選択肢があります。オーバーは合計得点や合計時間がブックメーカーが設定したラインよりも多いと予測する賭けであり、アンダーはラインよりも少ないと予測する賭けです。
  2. ライン:ブックメーカーはイベントごとにトータルのラインを設定します。例えば、バスケットボールの試合でトータルのラインが「200.5」点となっている場合、これがオーバーかアンダーかを予測します。
  3. 配当率:オーバーアンダーの両方にはそれぞれのオッズがあり、賭けた結果に応じて配当が支払われます。一般的に、オーバーとアンダーの配当率はほぼ同じに設定されています。
  4. スポーツの種類:トータルはさまざまなスポーツで利用されますが、特にアメリカンフットボール、バスケットボール、サッカーなどの得点や時間が重要なスポーツでよく見られます。

例えば、バスケットボールの試合でトータルが「200.5」点と設定されている場合、もし試合の合計得点が201点以上ならオーバーの賭けが勝ちとなります。
逆に、合計得点が200点以下ならアンダーの賭けが勝ちとなります。

トータルベット

ブックメーカー(スポーツベット)における「トータルベット(Total Bet)」は、特定のスポーツイベントにおいて、試合やレースの合計得点や合計時間など、特定の統計データの合計値を予測して賭ける方法を指します。
トータルベットは、主にオーバーアンダーベッティングとしても知られています。

具体的には、以下のような特徴があります。

  1. オーバーアンダー:トータルベットでは、オーバーアンダーの2つの選択肢があります。オーバーは、特定の統計データがブックメーカーが設定したラインよりも多いと予測する賭けであり、アンダーはラインよりも少ないと予測する賭けです。
  2. ライン:ブックメーカーは、トータルベットのためにイベントごとにライン(合計値)を設定します。例えば、バスケットボールの試合でトータルのラインが「200.5」点となっている場合、これがオーバーアンダーの判断基準となります。
  3. 対象スポーツ:トータルベットは、得点や時間などの統計データが重要なスポーツでよく利用されます。例えば、アメリカンフットボール、バスケットボール、サッカー、ホッケーなどが一般的な対象スポーツです。
  4. 配当率:オーバーアンダー両方には、それぞれの選択肢に対応するオッズが設定されています。賭けた結果によって、配当が支払われることになります。一般的に、オーバーとアンダーの配当率はほぼ同じに設定されます。

例えば、サッカーの試合でトータルのラインが「2.5」ゴールと設定されている場合、もし試合の合計ゴール数が3ゴール以上ならオーバーの賭けが勝ちとなります。
逆に、合計ゴール数が2ゴール以下ならアンダーの賭けが勝ちとなります。

ドッグ

ブックメーカー(スポーツベット)における「ドッグ(Dog)」は、英語の俗語で、スポーツイベントにおいて弱いチームや選手のことを指します。
ドッグはアンダードッグ(Underdog)とも呼ばれます。
対義語として、強いチームや選手は「フェイバリット(Favorite)」と呼ばれます。

具体的には、以下のような特徴があります。

  1. 弱いチームや選手:ドッグは通常、ブックメーカーや一般の予想によって、試合やレースの結果が有利とは見なされないチームや選手を指します。一般的に、ドッグはオッズが高く設定されます。
  2. 高い配当:ドッグが勝利することを予測する賭け(ドッグベット)は、リスクが高いため、ブックメーカーは高い配当率を設定します。ドッグが勝利すれば、賭けた金額に対して大きな配当を受け取ることができます。
  3. サプライズ:ドッグが勝利することは、一般的に予想外の結果と見なされることがあります。しかし、スポーツでは予測が難しく、ドッグが勝利することも十分に起こりうることです。

例えば、サッカーの試合でチームAがチームBと対戦する場合、チームAが優勢と見なされ、チームBがドッグとなります。
もし、試合でチームBが予想外に勝利した場合、ドッグベットをした人は高い配当を受け取ることになります。

ドリフト

ブックメーカー(スポーツベット)における「ドリフト(Drift)」とは、特定のチームや選手の勝利の可能性が低くなったと見られるため、オッズが上昇している状態を指します。
ドリフトは、対義語として「ショートン(Shorten)」と呼ばれる、勝利の可能性が高まったためにオッズが下がる状態と対比される用語です。

具体的には、以下のような特徴があります。

  1. オッズの変化:ブックメーカーは、チームや選手の勝利の見込みに基づいてオッズを設定します。もし多くの人が特定のチームや選手の勝利を予測して賭けを行った場合、オッズが下がります(ショートン)。一方で、予測されていたよりも勝利の見込みが低くなった場合、オッズが上がります(ドリフト)。
  2. ベットの影響:ドリフトやショートンは、ベットされた金額や賭けた人数によっても影響を受けます。多額の賭けが特定の結果に集中すると、オッズが急激に変化することがあります。
  3. 情報の変化:ドリフトの理由は様々な要因による場合があります。怪我や不調による選手の欠場、監督交代、その他の情報の変化がオッズに反映されることがあります。

ドリフトは、賭け手法において重要な要素です。一般的に、オッズがドリフトしている場合は、その結果が予測しにくくリスクが高いと判断されている可能性があります。

ドロー

ブックメーカー(スポーツベット)における「ドロー(Draw)」は、対戦する2つのチームや選手が競技終了時に同点で終わる結果を指します。
主にサッカーやホッケーなどのチーム競技や、テニスのような個人競技においてドローが起こります。

具体的には、以下のような特徴があります。

  1. 同点で終了:ドローは、試合やレースが終了した時点で両チームや両選手が同じスコアやタイムを記録している状態を指します。例えば、サッカーの試合で両チームが1-1で終了した場合、それがドローとなります。
  2. オッズ:ドローは、通常ブックメーカーが設定するオッズが比較的高くなります。なぜなら、ドローは他の結果よりも確率が低いと見られるからです。
  3. 引き分けの可能性:一部のスポーツでは、試合終了時点で同点で終わることが考えられる場合があります。そのような場合、ブックメーカーは「引き分け」オプションを提供し、それに対するオッズを設定します。

ドローは、試合やレースの結果を予測する際に重要な要素となります。特にサッカーやホッケーなどの試合で、チームの力が拮抗している場合や激しい競り合いが予想される場合には、ドローの可能性が高くなることがあります。

特典スプレッド

ブックメーカー(スポーツベット)における「特典スプレッド(Enhanced Spread)」は、特定の試合やイベントにおいて、ブックメーカーが通常よりも広めのスプレッド(ハンディキャップ)を提供する特別なオファーを指します。
特典スプレッドは、一部のブックメーカーや特定のプロモーションにおいて提供されることがあります。

具体的には、以下のような特徴があります。

  1. 広めのスプレッド:通常、スポーツベットにおいてブックメーカーは試合の力関係を反映してスプレッドを設定します。特典スプレッドでは、例えばチームAとチームBが対戦する場合、通常ならばチームAに-3.5点のスプレッドが設定されるところを、特典スプレッドでは-4.5点など、より広いスプレッドが提供されることがあります。
  2. フェイバリットのオッズ向上:特典スプレッドの場合、強豪チーム(フェイバリット)がより大きなスプレッドを持つことになります。これにより、フェイバリットの勝利に対するオッズが向上します。
  3. 選手やチームによる異なる特典:特典スプレッドは試合ごとに異なる場合があり、対象となる試合やイベントによって特典の内容が異なります。

特典スプレッドは、通常のスプレッドよりも有利な条件で賭けができるため、人気のプロモーションとなっています。
特典スプレッドを利用する際には、ブックメーカーの提供条件や対象となる試合をよく確認することが大切です。

スポーツベットな行

ナップ

ブックメーカー(スポーツベット)における「ナップ(Nap)」は、特定のレースやイベントで、ブックメーカーが特に自信を持って推薦する、非常に有力な選択肢を指します。
ナップは、主に競馬の世界で使われる用語で、そのレースにおいて最も勝利の可能性が高いと考えられる馬を指します。

具体的には、以下のような特徴があります。

  1. 最も有力な選択肢:ナップとして指定される馬は、ブックメーカーがそのレースにおいて最も有力だと判断した馬です。そのため、ナップは通常、他の馬よりも優れた実力や条件を持っているとされます。
  2. ブックメーカーの推薦:ナップは、ブックメーカーや専門家が提供する情報や予測の中で特に注目される選択肢です。ブックメーカーはナップに対してオッズを低く設定し、勝利が予想される場合にはナップに対する配当が比較的低くなる傾向があります。
  3. 高い勝率:ナップは高い勝率を持つ場合がありますが、スポーツや競技によって異なるため、常に勝利を保証するものではありません。

ナップは、競馬ファンやスポーツベットのプレイヤーにとって重要な情報となります。

日本式オッズ

日本式オッズ(にほんしきオッズ)は、日本のブックメーカーや競馬場などで主に使用されているオッズの表記方法です。
日本式オッズは、欧州やアメリカなどで一般的なアメリカンオッズやデシマルオッズとは異なる特有の表記方法を持っています。

具体的には、以下のような特徴があります。

  1. 例:日本式オッズは「1(ワン)倍」「2(ツー)倍」「3(スリー)倍」といった形で表記されます。アメリカンオッズの「+200」「-150」やデシマルオッズの「2.00」「1.67」といった数字とは異なります。
  2. 支払い額:日本式オッズは1倍以上の場合、掛け金を含めた支払い額を表しています。例えば、2倍のオッズならば掛け金分が倍になります。
  3. 確定オッズ:日本式オッズは通常オッズが確定してから支払われるため、「確定オッズ」とも呼ばれます。

日本式オッズは日本国内でのスポーツベットや競馬などで主に使用されており、日本のブックメーカーや競馬場でよく見られます。

ノベルティベット

ブックメーカー(スポーツベット)における「ノベルティベット(Novelty Bet)」は、スポーツ以外のエンターテインメントや社会的なイベントに対して行われるユニークな賭けを指します。
これは、通常のスポーツイベント以外で興味深い賭けの対象となる出来事に対して賭けるものです。
例えば、テレビ番組の結果や有名人の行動、政治のイベントなどが含まれます。

具体的な例としては以下のようなものがあります。

  1. エンターテインメント:映画のアカデミー賞での受賞作品や、音楽アーティストの次のシングルのヒット予想、テレビ番組の視聴率予想など。
  2. 政治:選挙の候補者や政党の勝利予想、ある政治的イベントの結果予測など。
  3. 特別イベント:ロイヤルファミリーの出来事(結婚や出産など)、有名人の行動や噂に関する予想、特定の社会的イベントの結果など。

ノンランナー

ブックメーカー(スポーツベット)における「ノンランナー(Non-runner)」は、競馬や他のスポーツイベントでのベットに影響を与える重要な用語です。

具体的には、以下のような状況を指します。

  1. 競馬におけるノンランナー:競馬でノンランナーとは、レース前に出走予定だった馬が最終的に出走しないことを意味します。これは、馬が怪我をしたり、調子が悪くなったり、オーナーや調教師の判断によるものです。ノンランナーになった馬の場合、オッズは変更され、他の出走馬のオッズに影響を与える可能性があります。
  2. 他のスポーツイベントにおけるノンランナー:競馬以外のスポーツイベントでも、ノンランナーは同様の意味で使われます。例えば、サッカーやテニスの試合で、怪我や体調不良により出場を辞退する選手がいる場合にノンランナーとなります。

ノンランナーが発生すると、ベットの賭け条件が変更される場合があります。
競馬の場合、ノンランナーになった馬に対する賭けは無効となり、元の掛け金が返還されます。他のスポーツイベントでも、ノンランナーによってベット条件が変更されることがありますので、ブックメーカーの規則を確認しておくことが重要です。

ノーアクション

ブックメーカー(スポーツベット)における「ノーアクション(No Action)」とは、特定の賭けが無効になることを意味します。
ノーアクションは、試合やイベントが予定通りに実施されなかったり、特定の条件が満たされなかったりした場合に発生することがあります。

具体的な例を挙げると以下のようなものがあります。

  1. 試合中止:スポーツイベントが天候不良やその他の理由で中止された場合、ベットはノーアクションとなることがあります。この場合、掛け金は元本として返金されます。
  2. 試合中断:スポーツイベントが途中で中断された場合、ノーアクションとなることがあります。ただし、イベントが後日再開される場合は、その再開日時や結果に基づいてベットが処理される場合もあります。
  3. 条件未達成:特定の条件が満たされなかった場合にも、ノーアクションとなることがあります。例えば、特定の選手が出場せずに試合が行われた場合や、試合の結果が引き分けになった場合などが該当します。

ノーアクションは、不測の事態や試合結果によって発生することがありますが、ブックメーカーの規則に従って適切に処理されます。
ベットをする際には、ノーアクションが発生する可能性についても考慮しておくことが重要です。

スポーツベットは行

ハンディキャッパー

ブックメーカー(スポーツベット)における「ハンディキャッパー(Handicapper)」は、スポーツイベントや競馬などで、出場するチームや選手に対して予測された強さや実力に応じてポイントや重さを加える役割を持つ人のことを指します。

具体的には、以下のような点があります。

  1. スポーツイベント:特に、バスケットボールやアメリカンフットボールのようなスポーツでは、強いチームに対して弱いチームにポイントを与えることで、両チームの勝敗を平衡させるためにハンディキャップが設定されます。これにより、ベットを行う際に、強いチームがより多くのポイントで勝利するかどうかに賭けることが可能となります。
  2. 競馬:競馬においては、出走する馬に対して体重や走行距離などに応じてハンデキャップが課せられることがあります。ハンデキャップは、強い馬により多くの重さを持たせることで、競馬の公正性を保つために行われます。

ハンディキャッパーは、スポーツにおける詳しい知識や統計を駆使して、チームや選手の強さを評価し、適切なハンディキャップを設定します。
これにより、ブックメーカーは公平なオッズを提供し、ベットの参加者にとって興味深い賭けを可能にします。
ハンディキャッパーはスポーツベッティングにおいて重要な役割を果たし、ベットの結果や勝率に大きく影響を与える要素となります。

ハンディキャッピング

ブックメーカー(スポーツベット)における「ハンディキャッピング(Handicapping)」は、スポーツイベントや競馬などで、各参加チームや選手に対して予測された強さや実力に応じてポイントや重さを加えることで、公平な条件でベットを行うための手法やプロセスを指します。

具体的には、以下のような点があります。

  1. スポーツイベント:バスケットボール、アメリカンフットボール、サッカーなどのスポーツイベントでは、強いチームと弱いチームとの間に実力の差があることがあります。ハンディキャッピングは、この実力差を補正するために、強いチームに対してポイントを与えたり、弱いチームにポイントを削ったりすることで、ベットを行う際に両者の勝率を近づける役割を果たします。
  2. 競馬:競馬では、出走する馬に対して体重や走行距離、過去の成績などに応じてハンデキャップが課せられます。これにより、競走中に実力のある馬がより多くの重さを背負うことで、競馬の結果がより公平になるように調整されます。

ハンディキャッピングは、ベットの参加者に公平な条件で賭けを行うことを可能にし、ブックメーカーが公正なオッズを提供するための重要な要素です。
ハンディキャッピングは専門知識と統計的な分析を必要とするため、プロのハンディキャッパーや専門家が活躍しています。

ハンディキャップ

ブックメーカー(スポーツベット)における「ハンデキャップ(Handicap)」は、スポーツイベントや競馬などの競技において、実力の差を補正するために強いチームや選手に対して不利な条件を与えること、または弱いチームや選手に有利な条件を与えることを指します。

具体的には、以下のようなケースが考えられます。

  1. スポーツイベント:例えば、バスケットボールの試合で強いチームAと弱いチームBが対戦する場合、ハンデキャップが設定されることで、チームAにポイントを加えたり、チームBからポイントを減らしたりすることがあります。これにより、ベットを行う際に両チームの勝率が近くなり、公平な条件でベットを楽しむことができます。
  2. 競馬:競馬においては、出走する馬に対してハンデキャップが課せられることがあります。実力のある馬には重いウェイトを背負わせ、実力の劣る馬には軽いウェイトを背負わせることで、競走の結果が公平になるように調整されます。

ハンデキャップは、スポーツイベントや競馬において実力の差を補正し、競技の結果が公平になるように設定されます。

ハンドル

ブックメーカー(スポーツベット)における「ハンドル(Handle)」は、ベット参加者がブックメーカーに対して賭け金として預け入れた金額の合計を指します。
つまり、ベットの総額や売上金を表す用語です。

具体的には以下のように説明できます。

  1. ベット参加者が賭け金をブックメーカーに対して預け入れる際、それらの金額がハンドルとして集計されます。
  2. ハンドルの金額は、特定のスポーツイベントや競馬のレースなど、特定のベットに対して集計されます。
  3. ハンドルが大きい場合、多くの人がベットに参加していることを意味し、ブックメーカーにとってそのイベントやレースは人気があるということを示します。

ハンドルの大きさは、ブックメーカーのビジネスにとって重要な指標です。
大きなハンドルが集まれば、ブックメーカーが収益を上げる可能性が高まります。
しかし、一方でベットの結果によってブックメーカーが支払う賞金が大きくなるリスクもあります。

ハーフタイムベット

ブックメーカー(スポーツベット)の「ハーフタイムベット(Half Time Bet)」は、スポーツの試合や競技のハーフタイム(前半終了時)の結果を予測して賭けることを指します。
スポーツイベントの前半が終了した時点で、その時点でのスコアや試合の進行状況に応じて賭けを行います。

具体的な例としては、サッカーの試合を考えてみましょう。

  • ハーフタイムベットでは、前半が終了した時点でのスコアや、前半での得点者、シュート数、カード数などの統計を元に賭けを行います。
  • 例えば、前半終了時点でのスコアが0-0の試合に対して、「前半終了時点でのスコアが1-0以上になる」というような賭けを行うことができます。
  • また、前半終了時点での得点者や特定の選手のパフォーマンスに賭けることも可能です。

ハーフタイムベットは、スポーツの試合の前半での結果に直接賭けることで、試合全体の結果を待たずに楽しむことができます。
試合の前半の進行状況をよく観察し、的確な判断をすることが重要です。

ハーフボールハンディキャップ

「ハーフボールハンディキャップ(Half Ball Handicap)」は、スポーツベッティングにおいてよく使われるハンディキャップの形式の1つです。
このベットタイプでは、試合の前半の結果を基に勝敗を予測する際に、0.5ポイント(ハーフボール)のハンディを与えることで、勝敗が決まるという仕組みです。

具体的な例としてサッカーの試合を考えてみましょう。

  • ハーフボールハンディキャップでは、ブックメーカーが強いと見られるチームに0.5ポイントのハンディを与えます。例えば、チームAがハーフボールハンディ-0.5と表示される場合、試合が終了する前にチームAが1点以上の差で勝利すればベットは勝ちとなります。
  • 逆に、チームBがハーフボールハンディ+0.5と表示される場合、チームBが試合を引き分け以上の結果で終えるか、勝利すればベットは勝ちとなります。

ハーフボールハンディキャップは、勝敗がはっきりしないような試合に対して、より公平な条件を提供するために使われます。
0.5ポイントのハンディを設定することで、引き分けを排除し、勝敗をはっきりさせることができるためです。

バイナリベッティング

ブックメーカー(スポーツベット)の「バイナリベッティング(Binary Betting)」は、2つの結果しかない特定のイベントに対して賭けを行うベッティングの形式です。
このベットタイプでは、特定のイベントが「はい(Yes)」または「いいえ(No)」の2つの結果に分類される場合に利用されます。

具体的な例を挙げると、以下のような場合にバイナリベッティングが行われます。

  • サッカーの試合において、「試合中にチームAがゴールをするか?」というようなイベントに対して、「はい」または「いいえ」の選択肢を持つ賭けが行われます。
  • バスケットボールの試合において、「試合の最初の5分間で両チームの合計得点が10点以上になるか?」というようなイベントに対して、「はい」または「いいえ」の選択肢を持つ賭けが行われます。

バイナリベッティングは非常にシンプルな形式であり、特定のイベントに対して明確な結果を予測することが求められます。
イベントの結果に応じて賭け金に対する配当が決まりますが、基本的には2つの選択肢があるため、勝率が50%に近いと言えます。

バイポイント

「バイポイント(Buy Points)」は、スポーツベットにおいて、ベットする際にハンディキャップのポイントを購入または変更することを指します。
この機能を利用することで、ブックメーカーが設定したオッズよりも有利な条件でベットを行うことができます。

具体的な例を挙げると、アメリカンフットボールの試合で、以下のような状況でバイポイントを使用することができます。

  • ブックメーカーがチームAに対して3.5ポイントのハンディキャップを設定しています。つまり、チームAが試合に負けても3点差以内であればベットは勝ちとなります。
  • しかし、あなたはより有利な条件でベットをしたいと考えています。そこで、バイポイントを利用して、チームAに対してハンディキャップを3ポイントに変更することを選択します。

この場合、以下の2つのシナリオが考えられます。

  1. チームAが試合に負けるが、ハンディキャップが3ポイントなので、ベットは引き分けとなります。
  2. チームAが試合に勝つか、3点差以内で負ける場合は、ベットは勝ちとなります。

バイポイントは、より有利な条件でベットをしたいときに役立つツールですが、注意が必要です。
ハンディキャップを変更することで、オッズも変わるため、より高いリスクを伴う場合もあります。

バイポイントを使用する際には、よく考えて賭けるポイントを選択し、自分にとって適切なベットを行うことが重要です。

バリュー

ブックメーカー(スポーツベット)における「バリュー(Value)」とは、賭けの対象となるオッズが実際の勝利確率よりも高い場合に、ベッティングにおいて有益な機会を意味します。
つまり、オッズが予測される勝率よりも高い場合、そのベットにはバリューがあると言えます。

具体的な例を挙げると、あるサッカーチームが対戦相手よりも実力が優れていると思われる場合を考えてみましょう。
ブックメーカーがその試合の勝利オッズを1.50と設定しているとします。このオッズから勝利確率を逆算すると、1 ÷ 1.50 ≈ 0.67(約67%)となります。

ここで、あなたがそのチームが実際に勝つ確率を70%だと見積もっているとします。この場合、ブックメーカーが提供するオッズよりも実際の勝率が高いため、バリューがあると言えます。
この状況でベットを行うことで、期待値が高まり、長期的に利益を得る可能性が高まります。

バンカー

ブックメーカー(スポーツベット)において、「バンカー(Banker)」とは、非常に高い確率で勝つことが予想されるベット対象を指します。
つまり、その結果が非常に予測しやすく、ほぼ確実に勝利すると考えられる場合に用いられる言葉です。

具体的な例を挙げると、あるサッカーチームが圧倒的な強さを持ち、弱い対戦相手との試合を行う場合を考えてみましょう。

ブックメーカーがそのチームの勝利オッズを1.05と設定しているとします。この場合、オッズから逆算すると、1 ÷ 1.05 ≈ 0.952(約95.2%)となります。
つまり、このチームが実際に勝つ確率は約95.2%という非常に高い数字です。
ここで、このチームをバンカーと見なすことができます。
バンカーベットは非常に高い確率で勝利することが期待されるため、一般的に利益は少ないですが、比較的安定した収益を期待することができます。

パブリックマネー

ブックメーカー(スポーツベット)の「パブリックマネー」とは、一般の一般的なベット参加者や一般の一般の人々が賭ける際にかけられる賭け金のことを指します。
つまり、大衆からの賭け金を意味します。

パブリックマネーは、多くの場合、一般的な知識や一般の予想に基づいて行われる賭けを指します。
例えば、人気のあるチームや有名な選手に賭けが集中する場合、それはパブリックマネーと呼ばれる傾向があります。
これは、一般的な人々が特定の結果に大きな関心を持ち、多くの人が同じ方向に賭けを行うことによって、ブックメーカーによるオッズが影響を受けることがあります。

パブリックマネーの影響は、特に人気のあるスポーツイベントや大きな試合などで顕著に現れることがあります。
多くの人が感情的に賭けを行うことがあり、それによってブックメーカーのオッズが変動することがあります。

パブリックマネーの影響を考慮して、一部のベット参加者は「ファディング・ザ・パブリック」と呼ばれる戦略を使います。
これは、パブリックマネーが集中している方向とは逆の方向に賭けを行うことで、オッズが高まる場合に利益を得ようとするものです。

パワーランキング

ブックメーカー(スポーツベット)の「パワーランキング」とは、さまざまなスポーツチームや選手を力や実力などの観点から順位付けするランキングのことを指します。
これは専門家やアナリストによって定期的に更新されることがあり、特定のスポーツリーグや大会における各チームや選手の強さを比較するために使用されます。

パワーランキングは、過去の成績や試合結果、プレイヤーの実力、チームの戦術などを考慮して算出されます。
これらの要素を総合的に評価することで、各チームや選手の力関係をランキング化します。

パワーランキングのポイント

  1. 強さの比較: パワーランキングは、チームや選手の強さを数字や順位で示すことで、誰がより強いか、実力がどれくらいかを一目で比較できるようになります。
  2. 試合の予想: ブックメーカーやベット参加者は、パワーランキングを参考にして試合の結果を予測したり、オッズを設定することがあります。強いチームが弱いチームと対戦する場合、パワーランキングを確認することで、勝利が予想されるかどうかを把握できます。
  3. 成績予測: パワーランキングはチームや選手の成績を予測する際の指標としても利用されます。強いチームは一般的に良い成績を残す傾向がありますので、これを参考にベットを行うことができます。

パーレー

ブックメーカー(スポーツベット)の「パーレー(Parlay)」は、複数のベットを1つの賭けとしてまとめる方法です。
日本では「コンビネーション」とも呼ばれることがあります。
パーレーでは、2つ以上のベットを選んで、それらが全て当たることを予測します。
もし1つでもベットが外れると、パーレー全体も失敗となります。

例を挙げると、サッカーの試合でAチームが勝つ、Bチームが引き分けになる、Cチームが負けるという3つのベットをパーレーに組み合わせた場合、これらの全てが当たることを予測します。全て当たった場合、それぞれのベットのオッズをかけ合わせて大きな配当を得ることができます。
しかし、1つでも外れると全てが失敗となり、賭けた金額を失うことになります。

パーレーは配当が高くなるため、少ない賭け金で大きな利益を狙える魅力がありますが、同時に全てのベットが当たる確率も低くなります。

ビアード

ブックメーカー(スポーツベット)の「ビアード(Beard)」は、スポーツベットを行うプレイヤーが自身の賭け行為を隠すために雇われる人物を指します。
ビアードは、本物のベットプレイヤーとしてカジノやブックメーカーに姿を見せ、そのプレイヤーが行った賭けの代理をする役割を担います。

ビアードを使う主な目的は、以下のようなものがあります。

  1. リミット回避: カジノやブックメーカーは、一つのプレイヤーが大きな金額を賭けることを制限する場合があります。この制限を回避するために、本物のプレイヤーはビアードを通じてさらにベットを行うことがあります。
  2. プロの隠蔽: 有名なプロのスポーツベッターは、自身のプレイを隠すためにビアードを使うことがあります。これにより、自分のベット戦略や情報を秘密に保ちながら、ベットを行うことができます。
  3. ブックメーカーの誤認防止: 一部のブックメーカーは、プロのスポーツベッターを避けるために行動します。ビアードを使うことで、ブックメーカーが本物のプレイヤーと間違えて制限をかけないようにすることができます。

ビアードはしばしば報酬を受け取ることで、本物のプレイヤーの代理としてベットを行います。しかし、ブックメーカーがビアードを発見し、その行為を不正と判断した場合、本物のプレイヤーとビアードの両方に対して制裁を科す可能性があります。

ビゴリッシュ

「ビゴリッシュ(Vigorous)」は、ブックメーカー(スポーツベット)が提供するオッズに含まれる手数料や手数料のことを指します。
一般的には「ヴィジュ」と発音されることもあります。

ブックメーカーは、ベットを受け付ける際にオッズを設定しますが、これには掛け金に対して支払われる配当額が含まれています。
しかし、ブックメーカーはビジネスとして運営されており、利益を得る必要があります。
そのため、提供するオッズには手数料が含まれており、掛け金に対して少しだけ低い配当額が設定されています。

例えば、サッカーの試合でチームAが1.90倍で勝つオッズを提供している場合、これは掛けた額の1.90倍が配当されることを意味します。
しかし、実際には掛けた額よりも少しだけ低い配当になるように設定されているため、例えば100ドルを賭けても90ドル程度の配当しか得られない場合があります。この差額がビゴリッシュです。

ビゴリッシュはブックメーカーの利益源となるため、ブックメーカーはオッズ設定において控除率を考慮しています。

ピッケム

「ピッケム(Pick’em)」は、スポーツベットにおいて、対戦する2つ以上のチームや選手が非常に均衡しているため、勝敗の予測が難しい場合を指します。
このような状況では、ブックメーカーはオッズを非常に近い水準に設定し、どちらが勝つかを予測することが困難になります。

ピッケムの特徴は次のようになります。

  1. 均衡したオッズ: ピッケムの場合、対戦するチームや選手に対して非常に似たようなオッズが設定されます。例えば、サッカーの試合でチームAが2.00倍、チームBが2.10倍といったように、どちらの結果も近いオッズになります。
  2. 難解な予測: ピッケムの試合では、どちらの結果が勝つかを予測するのが難しいことが特徴です。通常の試合では、明確なファボリット(有利なチームや選手)やアンダードッグ(不利なチームや選手)が存在しますが、ピッケムではそれがあまり見られません。
  3. 高いリスクと高いリターン: ピッケムの試合にベットすることはリスクが伴いますが、逆にリターンも大きくなる可能性があります。どちらの結果が勝ってもオッズが高いため、的中すれば一定の利益が得られる場合があります。

ファーストゴールスコアラー/ラストゴールスコアラー

ファーストゴールスコアラーとラストゴールスコアラーは、サッカーやアイスホッケーなどのスポーツベットにおいて特定のイベントに賭ける方法です。

  1. ファーストゴールスコアラー(First Goal Scorer): ファーストゴールスコアラーは、サッカーやアイスホッケーなどの試合において、最初にゴールを決める選手を予測して賭ける方法です。
    賭ける選手はどのチームの選手でも構いませんが、その選手が最初に得点を記録すれば的中となります。

例えば、サッカーの試合で、チームA vs チームBの試合があったとします。ファーストゴールスコアラーに賭ける場合、選手Xを選んで賭けるとします。もし選手Xが最初にゴールを決めた場合、その賭けは的中となります。選手X以外が最初にゴールを決めた場合、賭けは失敗となります。

  1. ラストゴールスコアラー(Last Goal Scorer): ラストゴールスコアラーは、試合中に最後にゴールを決める選手を予測して賭ける方法です。ファーストゴールスコアラーとは異なり、ラストゴールスコアラーは試合終了までの間に何度ゴールが入っても、最後にゴールを決めた選手を予測します。

例えば、アイスホッケーの試合で、チームC vs チームDの試合があったとします。ラストゴールスコアラーに賭ける場合、選手Yを選んで賭けるとします。
もし選手Yが試合終了間際にゴールを決めた場合、その賭けは的中となります。
選手Y以外が最後にゴールを決めた場合、賭けは失敗となります。

ファーストゴールスコアラーとラストゴールスコアラーは、試合の進行や選手の状況によって非常に難しい賭け方でもあります。

ファーストハーフベット

ファーストハーフベットは、スポーツベットの一種で、試合や競技の前半部分(ファーストハーフ)に関連して行われる賭けのことを指します。
特定のスポーツイベントの前半の結果に賭けることで、より早く結果を知ることができるため、短期間で楽しめるという特徴があります。

具体的な例を挙げると、サッカーの試合におけるファーストハーフベットでは、前半45分間の結果に賭けることになります。

  1. ファーストハーフ勝敗(ファーストハーフマネーライン): チームAとチームBが対戦しているとし、ファーストハーフ勝敗に賭ける場合、前半終了時点でどちらのチームがリードしているかを予測します。勝利チームを選んで賭けることになります。
  2. ファーストハーフハンデキャップ: ファーストハーフハンデキャップでは、試合の前半での得点差に基づいて勝利を予測します。例えば、チームAがハンデキャップ-1.5でチームBに対して試合を戦う場合、ファーストハーフではチームAが2点以上の差でリードすることを予測して賭けることになります。
  3. ファーストハーフトータル(ファーストハーフオーバーアンダー): ファーストハーフトータルでは、前半の合計得点数を予測します。ブックメーカーが設定するトータルラインに対して、前半の得点がその上か下になるかを選択します。

ファーストハーフベットは、試合の前半だけに賭けるため、全体の試合結果を待つ必要がなく、短期間で結果が分かるので、手軽に楽しめる面があります。

フェイバリット

フェイバリット(Favorite)は、スポーツベットにおいて、試合や競技の結果が最も有利なチームや選手のことを指します。
つまり、ブックメーカーが試合の勝者を予測する際に、その試合において勝利が最も期待されるチームや選手がフェイバリットとされます。

フェイバリットは通常、試合の前にオッズ(賭けの配当率)によって示されます。
フェイバリットは低いオッズで表される傾向があり、それはブックメーカーがそのチームや選手の勝利をより確実視していることを示しています。
例えば、サッカーの試合であれば、強豪チームやリーグ上位のチームがフェイバリットとなることが多いです。

フェイバリットが勝利すれば賭けが当たるため、初心者の多くはフェイバリットに賭けることが安心だと考えるかもしれません。
しかし、低いオッズのため、配当も少なくなります。逆に、アンダードッグ(Underdog)と呼ばれる勝ち目の少ないチームや選手に賭けると、オッズが高くなり、当たった場合の配当も大きくなりますが、勝利が難しいとされています。

フューチャー

将来のイベントの実施日時にかなり先立って公表される、イベントの勝者に対するオッズ。
例としては、EPL、スーパーボウル、ワールドシリーズ、スタンレーカップ、NBAチャンピオンシップなどがあり、フューチャーベットと呼ばれる。

ブックメーカー

ブックメーカー(Bookmaker)は、スポーツベットやギャンブルの企業や個人を指します。
彼らは様々なスポーツイベントや競技に対してオッズ(賭けの配当率)を設定し、ベッター(賭ける人)に対して賭けを受け付けます。

ブックメーカーの役割は以下のようになります。

  1. オッズ設定: ブックメーカーはスポーツイベントの結果を予測し、それに基づいて各チームや選手に対してオッズを設定します。オッズは賭けの配当率を示しており、勝利の確率が高いほど低いオッズになります。
  2. 賭けの受付: ブックメーカーは設定したオッズに対して、ベッターからの賭けを受け付けます。ベッターは自分が選んだチームや選手に対して賭け金を投入し、勝利した場合にはオッズに応じて配当を受け取ります。
  3. リスク管理: ブックメーカーは多くの賭けを受けるため、リスク管理が重要です。予想外の結果が生じた場合に備えてバランスを取ることで、利益を確保します。
  4. 利益の確保: ブックメーカーはオッズの設定を通じて、勝利した場合でもブックメーカー自体が利益を確保できるように計算します。つまり、ベッターが賭けた金額の一部を手数料として収益化する仕組みです。

プッシュ

ブックメーカーやスポーツベッティングでの「プッシュ」は、特定のベット(賭け)の結果が引き分けまたは無効とされる状況を指します。
具体的には、以下のようなケースでプッシュが発生します。

例えば、サッカーの試合でチームAとチームBが対戦しているとしましょう。ブックメーカーは「チームAの勝利」に賭けるオッズを提供しています。
あなたがチームAの勝利に賭けを行い、試合が引き分けに終わった場合、このベットはプッシュとなります。

プッシュが発生した場合、賭けた金額は返金されます。つまり、勝ちも負けもなく、賭けた金額がそのまま返ってくる状態です。
このような場合、ベッターは賭けた金額を失うことはありませんが、同時に利益も得ることはありません。

プッシュは主にスプレッドベッティングやトータルベッティングなどで発生しやすいです。
例えば、特定のポイント差やトータルスコアに対して賭けを行い、その結果がブックメーカーの設定したラインと完全に一致した場合にプッシュが生じることがあります。

プライス

ブックメーカーでの「プライス」は、オッズや賭けの条件を指します。
具体的には、特定のイベントや試合において、賭ける対象や賭けの条件を示す数値や情報を指します。

例えば、サッカーの試合でチームAとチームBが対戦しているとしましょう。ブックメーカーが提供するオッズ(賭けのプライス)は、試合結果や特定の出来事が発生する確率を示しています。例えば、「チームAの勝利のオッズが2.00」という場合、1ドルを賭けてチームAが勝つ場合に2ドルを得ることができるという意味です。

プライスは賭ける際に非常に重要な要素であり、それによってどれだけのリターン(返還)が得られるかが決まります。
高いオッズの場合、賭けた金額に対して高いリターンが期待できる一方、低いオッズの場合はリターンが限られますが、勝利の可能性が高いとされています。

プロップベット

「プロップベット」(または「プロポジションベット」)は、スポーツベットの一種であり、特定の試合やイベントにおいて、選手の個々の行動や出来事に対して賭けを行う方法です。

通常、試合の勝敗やスコアに賭ける一般的なベットとは異なり、選手の特定のプレイや出来事に関する予想に賭けることが特徴です。

例えば、アメリカンフットボールの試合で、特定の選手が試合中にトライを決めるかどうか、サッカーの試合で特定の選手がゴールを決めるかどうか、野球の試合で特定の選手がホームランを打つかどうかなど、個々の選手や出来事に関する賭けがプロップベットの例となります。

プロップベットは、試合全体の結果に賭けるよりも短期間で結果が出るため、スリリングな体験を提供します。
ただし、一般的な試合結果とは異なるため、プロップベットを行う際にはより詳細な情報や分析が求められることがあります。

ヘッジ

「ヘッジ」は、ブックメーカーやスポーツベットにおいて使用される戦略の一つで、リスクを軽減するために行われる賭けの手法です。
ヘッジは、元々行った賭けに対して逆方向に賭けを行うことで、予想外の結果が生じた場合でも損失を最小限に抑えることを目指す戦略です。

具体的な例を挙げてみましょう。

サッカーの試合で、あるチームが勝つと予想し賭けを行ったが、試合が進行するにつれて相手チームが有利に進めていることが分かりました。
この場合、ヘッジを行うために相手チームが勝つように賭けを行うことで、元の賭けにかかる損失を相殺することができます。
もしくは逆に、元の賭けが的中する可能性が高いと判断された場合、ヘッジとして逆方向に賭けを行わずに元の賭けに固執することもあります。

ヘッジの目的は、損失を最小限に抑えることですが、同時に利益も最大化することが求められます。
しかし、ヘッジを行うことで利益が減少する可能性もあるため、注意深く戦略を立てる必要があります。

ベストプライスパーセンテージ

「ベストプライスパーセンテージ」は、ブックメーカーで提供されているオッズの中で、プレイヤーにとって最も有利なオッズを見つけるための概念です。
これは、複数のブックメーカーやオンラインベットプラットフォームを比較して、最も高いオッズを提供している場所を見つけることを指します。

具体的な例を考えてみましょう。

サッカーの試合で、チームAとチームBの対戦があり、それぞれのブックメーカーが勝利オッズを提供しています。

ブックメーカーXがチームAの勝利オッズを2.0倍、ブックメーカーYが同じく2.2倍、ブックメーカーZが2.5倍で提供しているとします。

この場合、ベストプライスパーセンテージを計算するために、以下の手順を行います。

  1. 各ブックメーカーのオッズの逆数(1をオッズで割った値)を計算します。
    • ブックメーカーX: 1 / 2.0 = 0.5
    • ブックメーカーY: 1 / 2.2 ≈ 0.4545
    • ブックメーカーZ: 1 / 2.5 = 0.4
  2. 各ブックメーカーの逆数を合計します。
    • 0.5 + 0.4545 + 0.4 ≈ 1.3545
  3. 各ブックメーカーの逆数の合計を、100で割ってパーセンテージを計算します。
    • 1.3545 / 100 ≈ 1.35%

この場合、ブックメーカーYの提供するオッズが最も高いベストプライスとなります。
ベットを行う際には、より高いオッズを提供しているブックメーカーを選ぶことで、勝利時の配当を最大化することができます。

ベッティング戦略

ベッティング戦略は、スポーツベットを行う際にプレイヤーが採用する計画やアプローチのことを指します。

適切なベッティング戦略を使用することで、ベットの効率を向上させ、リスクを最小限に抑えることができます。
初心者向けのいくつかの具体的なベッティング戦略を以下に紹介します。

  1. フラットベッティング戦略: すべてのベットで同じ額を賭ける方法です。例えば、毎回10ドルを賭けると決めておき、勝敗に関わらず同じ額を賭け続けます。リスクを均等に分散させるための戦略です。
  2. マーチンゲール戦略: ベットに勝つまで賭け金を倍々に増やす戦略です。負けた場合には元の賭け金に戻します。例えば、最初に10ドルを賭け、負けたら20ドル、次に40ドルと増やしていきます。勝つと元の額に戻ります。リスクが高く、資金管理が重要です。
  3. プロップベット戦略: 特定の出来事に対して行われる「プロップベット」と呼ばれるベットに焦点を当てる戦略です。例えば、サッカーの試合で特定の選手が得点するかどうかなどのプロップベットを利用します。
  4. アービトラージ戦略: 異なるブックメーカーで異なるオッズを利用して、リスクを取らずに勝利する方法です。異なるブックメーカーのオッズの差を利用して、確実に利益を得ることを目指します。
  5. バンクロール管理戦略: 自身の資金を効果的に管理し、リスクを最小限に抑えるための戦略です。通常、一度に賭ける額は全資金の一定割合に制限し、連続しての損失に備えます。
  6. ベッティングオンザフェイバリット戦略: より強いチームや選手に賭ける戦略で、勝率を高めることを目指します。ただし、オッズが低いため、大きな配当は期待できません。

ベット

ブックメーカーにおける「ベット(Bet)」とは、特定のスポーツイベントや試合に対してお金を賭ける行為のことを指します。
自分が予想する結果が現実と合致すれば、賭け金に対して支払われる利益を得ることができます。

ここでは、ベットの基本的な流れと具体的な例を説明します。

  1. ベットの選択: まず、どのスポーツイベントや試合にベットをするかを選びます。サッカーやバスケットボールなど、さまざまなスポーツや試合が対象となります。
  2. ベットオプションの選択: 選んだイベントや試合に対して、どのようなベットを行うか選択します。例えば、試合の勝者を予想するか、特定の選手が得点するか、得点合計が一定数以上になるかなど、さまざまなベットオプションがあります。
  3. オッズの確認: ベットオプションに対するオッズ(賭けるときの倍率)を確認します。オッズはブックメーカーによって設定され、予想される試合の結果に応じて変動します。
  4. ベット金額の決定: 賭ける金額を決定します。注意深く賭け金を選び、自身のリスク許容度や予想される報酬を考慮して決めることが重要です。
  5. ベットのプレースメント: ブックメーカーのウェブサイトやアプリを使用して、選んだベットオプションと賭け金を指定し、ベットをプレースメント(登録)します。
  6. イベントの結果: 選んだスポーツイベントや試合が行われ、結果が出ます。もし自分の予想が的中すれば、賭け金に対してオッズに基づく利益が支払われます。

例えば、サッカーの試合で「Aチームが勝つ」という結果を予想し、オッズが2.00の場合、100ドルを賭けると、もしAチームが実際に勝利すれば、賭けた100ドルに2.00をかけた200ドルが支払われることになります。
しかし、もしAチームが負けた場合は、賭けた100ドルが失われることになります。

ベット取引所

ベット取引所(Betting Exchange)は、ブックメーカーとは異なるアプローチでスポーツベットを提供するプラットフォームです。
ブックメーカーが提供するような固定のオッズに賭けるのではなく、ユーザー同士がオッズを設定し、賭け合うことが特徴です。

以下に、ベット取引所の仕組みと利点を初心者にもわかりやすく説明します。

ベット取引所の仕組み

  1. バッキング(Back):ベット取引所では、通常のブックメーカーと同様に、特定の結果が起こることに賭けることができます。これを「バッキング」と呼びます。例えば、特定のチームが試合に勝つと予想して、他のユーザーからオッズを受け入れて賭けることができます。
  2. レイイング(Lay):ベット取引所の特徴的な側面は、「レイイング」と呼ばれる行為です。これは、特定の結果が起こることに対して賭けるのではなく、その結果が起こらないことに賭けることです。例えば、特定のチームが試合に勝たないと予想し、他のユーザーがその結果にバッキングすることを受け入れることができます。

ベット取引所の利点

  1. 高いオッズ:ベット取引所では、ユーザー同士がオッズを設定するため、通常のブックメーカーよりも高いオッズを見つけることがあります。
  2. 自分でオッズを設定:ユーザーは自分でオッズを設定して賭けることができます。これにより、賭ける側がコントロールを持つことができます。
  3. レイイングの機会:ベット取引所では、レイイングという他の形式の賭けが可能です。これにより、試合の勝者だけでなく、敗者に賭けることもできます。
  4. トレードの要素:ベット取引所は一種のトレーディングプラットフォームとも言えます。イベントが進行するにつれてオッズが変動し、それに合わせてユーザーはオッズを売買することができます。

ペイアウト

ブックメーカーやスポーツベットにおける「ペイアウト(Payout)」は、賭けた金額とオッズに基づいて、賭けが当たった場合にどれだけの利益を得ることができるかを示す言葉です。

具体的な例を交えて説明します。

例えば、あるサッカーの試合でチームAとチームBが対戦し、以下のようなオッズが設定されているとします。

  • チームAの勝利オッズ:2.00
  • 引き分けのオッズ:3.50
  • チームBの勝利オッズ:4.50

もし、あなたが100ドルをチームAの勝利に賭けるとします。
この場合、オッズが2.00なので、勝利した場合には賭けた100ドルに2倍の利益が付加されます。
つまり、利益は100ドル × 2 = 200ドルとなります。ただし、賭けた元本の100ドルも含めて支払われるため、ペイアウトは200ドル(利益) + 100ドル(元本) = 300ドルとなります。

一方で、引き分けやチームBの勝利に賭けた場合でも同様の計算が適用されます。
賭けた金額とオッズに応じて、ペイアウトが計算されます。
ペイアウトは、利益と元本を合わせた総額を示すため、賭けた金額に対するペイアウト率や利益率を確認する際に便利な概念です。

ホームフィールドアドバンテージ

「ホームフィールドアドバンテージ」とは、スポーツの試合や競技において、ホームチーム(ホーム側)が自分の本拠地で試合を行うことによって得られる有利な要因を指します。
これは、観客の応援や慣れ親しんだ環境、気象条件などが影響を及ぼすことから生じるものです。

具体的な例を挙げてみましょう。

サッカーや野球などのスポーツで、チームAとチームBが対戦する試合を考えます。
チームAがホームチームであり、自分の本拠地スタジアムで試合を行う場合、以下のようなホームフィールドアドバンテージが考えられます。

  1. 応援の声と雰囲気: ホームスタジアムでは、多くのファンが応援に駆けつけます。これにより、ホームチームの選手たちはエネルギーをもらいやすく、試合への集中力が高まります。
  2. 環境への適応: ホームチームは自分たちの環境に慣れているため、ピッチやコートの特性や風の影響などに対して適切な戦術を立てやすいです。
  3. 旅行の疲労軽減: アウェイ(ホーム以外の)試合をするチームは移動が必要なため、移動による疲労やタイムゾーンの変更に対応しなければなりません。これに比べてホームチームは疲労の心配が少なく、集中力を保ちやすいです。
  4. 審判の影響: 観客の応援に影響されることがある審判に対して、ホームチームは有利な判定を受ける可能性が高まることがあります。

ホームフィールドアドバンテージはスポーツベットにおいても重要な要素です。
オッズメーカーは試合の行われる場所やチームのホームアドバンテージを考慮してオッズを設定することがあり、ホームチームに有利なオッズが設定されることが一般的です。

ホールディングユアオウン

「ホールディングユアオウン」は、スポーツベットにおいて自分の判断や戦略に自信を持ち、他人の意見や情報に左右されずに賭けを行うことを指します。
つまり、他のベッターや専門家の予測や意見に惑わされず、自分自身の分析や知識を信じて賭けをする姿勢を表現した言葉です。

具体的な例を挙げてみましょう。

あるサッカーの試合で、多くの人がチームAが勝つと予測している中、ホールディングユアオウンを実践するベッターは、独自の調査や分析を通じてチームBが実際に勝つ可能性を高く見て賭けをすることです。彼らは他人の予測に惑わされず、自分の判断に従って賭けを行います。

ボードプライス

「ボードプライス」とは、ブックメーカーで提供されるオッズ(賭けの配当率)のことを指します。
具体的には、スポーツベットの対象となる試合やイベントごとに、各種ベットオプション(勝利チーム、得点、選手のパフォーマンスなど)に対して設定されるオッズのことです。

ボードプライスはブックメーカーのウェブサイトやアプリで確認できます。
試合ごとに異なるオッズが提供され、これに基づいてベットすることができます。
オッズは賭けの対象となる結果の確率を示しており、一般的にオッズが高いほどその結果が起こる確率が低いことを示します。

例えば、サッカーの試合でチームAが勝つというオプションに対するボードプライスが2.00の場合、賭けた金額の倍額が配当として支払われる可能性があります。また、同じ試合でチームBが勝つオプションのボードプライスが3.50の場合、賭けた金額の3.5倍が配当として支払われる可能性があります。

ボーナス

「ボーナス」は、ブックメーカーやスポーツベットのプラットフォームで提供される特典や追加の利益を指します。
これは新規ユーザーや既存ユーザーに対して提供されることがあり、さまざまな形態で現れることがあります。

初心者にもわかりやすく具体的に説明します。

  1. ウェルカムボーナス(新規ユーザーボーナス): 新しくアカウントを作成してブックメーカーやスポーツベットに登録するユーザー向けに提供されるボーナスです。一般的な形態として、最初の入金額に対して一定割合(例えば100%)のボーナスを受け取ることができる場合があります。
  2. デポジットボーナス: 既存のユーザーが一定額以上を入金した際に提供されるボーナスです。入金額に応じてボーナス額が増えることがあります。
  3. フリーベット(無料ベット): 特定の条件を満たしたユーザーに対して提供されるボーナスで、一定金額分の賭けが無料で行えることを意味します。ただし、ボーナスを使用して得た配当額のみが支払われることが多いです。
  4. リロードボーナス: 既存のユーザーが再度入金した際に提供されるボーナスで、デポジットボーナスと類似していますが、ウェルカムボーナスと同じような割合を得ることは少ないです。
  5. キャッシュバックボーナス: 一定期間内の損失額に対して一部が返金される形式のボーナスです。例えば、週の損失の一部がキャッシュバックされる場合があります。
  6. 特別プロモーションボーナス: 特定の試合やイベントに対して提供されるボーナスで、例えばサッカーの大会やバスケットボールのプレーオフなどの特別な場合に提供されることがあります。

ボーナスはプレイヤーにとって魅力的な要素ですが、注意が必要です。
通常、ボーナスを受け取るためには特定の条件を満たす必要があり、またボーナス額を引き出す際にも一定の条件を満たす必要があります。

ボーナスチェイス

「ボーナスチェイス」は、ブックメーカーやスポーツベットのプラットフォームで提供されるボーナスを追い求める行為や戦略を指します。

初心者にもわかりやすく具体的に説明します。

ボーナスチェイスとは、ユーザーがプラットフォームが提供するボーナスを最大限に活用するために、適切なタイミングや条件でベットを行う戦略を指します。
主なポイントを以下に示します。

  1. ボーナスタイプの理解: プラットフォームが提供するボーナスの種類を理解しましょう。ウェルカムボーナス、デポジットボーナス、フリーベットなど、どのボーナスがどの条件で提供されるのかを把握します。
  2. ボーナス条件の確認: 各ボーナスには一定の条件が付いています。例えば、最低入金額、最低オッズ、ボーナスを受け取るための期限などがあります。これらの条件を理解しておきましょう。
  3. 適切なベットの選択: ボーナスチェイスでは、ボーナス条件を満たすために適切なベットを選びます。例えば、必要なオッズ以上のベットや、特定の試合やイベントにベットを行うことが求められる場合があります。
  4. リスクマネジメント: ボーナスチェイスを行う際にもリスクマネジメントは重要です。ボーナスを追い求めるあまり、無理なベットを行って損失を出すことがないよう注意しましょう。
  5. タイミングの重要性: ボーナスの提供期間や条件が限られていることがあります。ボーナスを逃さないために、提供されたボーナスを受け取る手続きやベットを行うタイミングを逃さないようにしましょう。

ポイントのレイ

「ポイントのレイ」は、ブックメーカーやスポーツベットにおいて、特定の条件を満たすベットを行う戦略を指します。
ポイントのレイ(Lay)とは、特定のイベントや試合に対して「対抗選手の勝利ではなく、対抗選手の敗北」に賭けることです。これは通常、オンラインブックメーカーやベット取引所で提供されています。

具体的な例を挙げて説明しましょう。

  1. バックとレイの違い: ポイントのレイは、一般的なベット(バック)とは逆の立場を取ります。バックは特定の選手やチームが勝つことにベットするのに対し、レイはその選手やチームが負けることにベットするのです。
  2. ポイントの選択: ポイントのレイを行う際、まず対抗選手や対抗チームを選択します。これは通常、強力な選手やチームに対して行われます。
  3. オッズとリスク: レイのオッズは、もし対抗選手が負けた場合に賭けた金額に対して受け取ることができる利益を示します。ただし、逆に対抗選手が勝った場合には賭けた金額を失うことになります。
  4. 賭ける金額の計算: レイを行う際には、オッズとリスクを考慮して賭ける金額を計算する必要があります。例えば、100ドルをレイオッズ2.0でベットした場合、対抗選手が負けた場合に利益として100ドルを得ることができます。
  5. リスクマネジメント: レイは高いリスクを伴うことがあります。対抗選手が勝った場合には賭けた金額を失うため、十分なリスクマネジメントが重要です。

ポストタイム

「ポストタイム」は、競馬やドッグレースなどのレースにおいて、スタート直後ではなくスタート後の一定時間(ポストタイム)内にゴールした選手や馬が勝者として判定されるルールを指します。

初心者にもわかりやすく具体的に説明します。

ポストタイムのルールは、スタート直後の混乱やスタートのタイミング差による不利を避けるために導入されたものです。

以下に具体的な説明をします。

  1. スタート直後の混乱回避: レースがスタートする際、選手や馬が一斉に動き出すことで混乱が生じることがあります。これにより公平な競争が難しくなるため、スタート直後のタイミングを基準とするのではなく、レース中に一定の時間が経過した後の順位を判定基準とすることがポストタイムの目的です。
  2. ポストタイムの設定: ポストタイムは各レースごとに設定され、スタート後一定の時間が経過した後にゴールした選手や馬の順位が有効とされます。この時間は競技やイベントによって異なります。
  3. 勝者の判定: ポストタイム内にゴールした選手や馬の中で、最も早くゴールしたものが勝者とされます。これにより、スタートのタイミング差や混乱が影響を及ぼすことを最小限に抑えることができます。
  4. 公平な競争環境の確保: ポストタイムのルールにより、選手や馬が公平な競争環境で競い合えるようになります。特にスタートが重要な影響を与える競技において、公平性を高めるための仕組みとして利用されます。
スポーツベットま行

マッチベット

「マッチベット」は、スポーツベッティングにおいて特定の対戦カードやイベントに対して行われる、両チームまたは参加者のどちらが勝利するかを予想する賭けのことを指します。

マッチベットの特徴や仕組みは以下の通りです。

  1. 対戦カードに対する賭け: マッチベットは、特定のスポーツイベントや対戦カードに対して行われる賭けです。例えば、サッカーの試合やバスケットボールの対戦、テニスの試合などが対象となります。
  2. 勝者の予想: マッチベットでは、対戦する両チームや参加者のうちどちらが勝利するかを予想します。勝利チームや参加者の結果に賭けることが一般的ですが、ドロー(引き分け)がある場合はそれも含まれることがあります。
  3. オッズと賭け金: マッチベットでは、各チームや参加者の勝利に対するオッズ(配当率)が設定されます。賭ける側は予想したチームや参加者に対して賭け金を置き、勝利した場合にオッズに応じた利益を得ることができます。
  4. 賭けの種類: マッチベットには様々な賭けの種類が存在します。例えば、勝利するチームを選ぶ「マネーラインベット」、勝敗差やスコア差を予想する「スプレッドベット」、試合の合計スコアを予想する「トータルベット」などがあります。
  5. 試合情報の分析: マッチベットを行う際、試合に関する情報や統計データを分析して予想を立てることが重要です。過去の対戦結果や選手のパフォーマンスなどを考慮して賭けることで、より精度の高い予想が可能となります。

マネーライン

「マネーライン」は、スポーツベッティングにおける一種のオッズの形式です。特定の対戦カードやイベントにおいて、どちらが勝利するかを予想する際に使われる指標です。

マネーラインの特徴や仕組みは以下の通りです。

  1. 勝者の予想: マネーラインでは、対戦する両チームや参加者のうち、どちらが勝利するかを予想します。勝利チームまたは参加者を選んで賭けを行うことが特徴です。
  2. プラスとマイナスの符号: マネーラインは通常、各チームや参加者にプラス(+)またはマイナス(-)の符号が付いています。プラスの符号が付いている方はアウトサイダー(勝ち目が低い方)、マイナスの符号が付いている方はファボリット(勝ち目が高い方)を示します。
  3. オッズと配当: マネーラインの数字は、賭ける金額に対する戻り(配当)を表します。プラスの場合、100ドル(または他の通貨)を賭けた場合の戻り金額が数字になります。例えば、+200の場合、100ドルの賭けで200ドルの戻りが期待されます。マイナスの場合、その絶対値の金額を賭ける必要があります。例えば、-150の場合、150ドルを賭けて100ドルの戻りが期待されます。
  4. 賭け金と利益: マネーラインのオッズは賭ける金額と戻りを示すため、賭け金をかけると戻り金額が計算できます。プラスのオッズでは賭け金とオッズをかけた額が戻りとなり、マイナスのオッズでは賭け金をマイナスオッズで割った額が戻りとなります。
  5. 例: マネーラインの例を挙げると、チームAが+150、チームBが-200の場合、チームAに100ドル賭けると150ドルの戻りが期待され、チームBに200ドル賭けると100ドルの戻りが期待されます。

マネーラインは、スポーツベッティングの中でも一般的なオッズ形式の一つです。
勝者を予想するだけでなく、オッズの情報から試合の状況やチームの実力を把握することが大切です。

マルチプル

「マルチプル」は、スポーツベッティングにおいて複数のイベントや選択肢に対して同時に賭けを行う方法です。
別名で「アキュムレーター(Accumulator)」や「コンビネーション(Combination)」とも呼ばれます。

マルチプルの特徴や仕組みは以下の通りです。

  1. 複数の選択肢: マルチプルでは、複数の試合やイベント、選手などに対して同時に賭けを行うことができます。これにより、複数の予想を一つのベットに組み合わせることができます。
  2. 高い配当: マルチプルは、複数の選択肢を組み合わせるため、各選択肢のオッズを掛け合わせた配当が非常に高くなることがあります。ただし、全ての選択肢が的中しなければならないため、リスクも高まります。
  3. 的中条件: マルチプルが的中するためには、組み合わせた全ての選択肢が正しく的中する必要があります。1つでも外れるとベット全体が不的中となります。
  4. 例: 例えば、3つのサッカーマッチについてホームチームの勝利を予想する場合、それぞれの試合のマネーライン(勝者のオッズ)がそれぞれ+150、+200、+180だったとします。これら3つの試合に賭けるマルチプルの場合、配当は150×200×180=540000となります。しかし、全ての試合が的中しないと賞金は得られません。
  5. リスクとリワードのバランス: マルチプルは高い配当を狙える一方で、全ての選択肢が的中しなければならないため、リスクも高まります。そのため、的中率とリワードのバランスを考えて戦略を立てることが大切です。

マージン

ブックメーカーの「マージン」は、ブックメーカーが提供するオッズから利益を得るための概念です。

マージンの特徴や仕組みは以下の通りです。

  1. オッズの差分: ブックメーカーは、スポーツイベントに対してオッズを提供します。オッズは賭ける対象の選択肢ごとに設定されます。ブックメーカーは、各選択肢のオッズを設定することで、賭け手から集めた金額に対して利益を得る仕組みです。
  2. オッズの計算: ブックメーカーは、各選択肢のオッズを計算する際に、それぞれの選択肢の確率を考慮します。しかし、選択肢の確率の合計は100%を超えることがあります。この差がマージンと呼ばれ、ブックメーカーの利益を確保するために使われます。
  3. 利益の確保: マージンを設定することで、ブックメーカーはどの選択肢が勝っても利益を得ることができるようになります。つまり、賭け手がどちらの選択肢に賭けても、ブックメーカーは確実に利益を得ることができる仕組みです。
  4. 例: 例えば、サッカーの試合でホームチームとアウェイチームの勝利のオッズがそれぞれ2.0と2.2だとします。これらのオッズを元に計算すると、ホームチームが勝つ確率が50%、アウェイチームが勝つ確率が45.45%になります。残りの4.55%がブックメーカーのマージンです。
  5. 適切なマージン: ブックメーカーは適切なマージンを設定することで、競技ごとや市場の需要に合ったオッズを提供します。競技や市場によって競争が激しい場合、マージンを低く設定することで賭け手に魅力的なオッズを提供することがあります。
  6. 賭け手の注意: 賭け手としては、マージンを考慮してオッズを選ぶことが大切です。低いマージンを持つブックメーカーは、より有利なオッズを提供している可能性が高いです。より高いオッズを見つけることで、賭けによる利益を最大化することができます。

ミドル

ブックメーカーの用語である「ミドル」は、特定の試合やイベントにおいて、賭け手が特定のスプレッド(ハンディキャップ)を利用して両方のチームや選手に賭けることで、両方のオッズが勝つ可能性がある状況を指します。

以下はミドルの特徴や例です。

  1. ミドルの背景: ブックメーカーは、試合やイベントのオッズを設定する際に、ハンディキャップを使用してオッズを調整することがあります。ミドルは、このハンディキャップを利用して、両方のチームや選手に賭けることで、どちらかが勝つ場合とは異なる結果が出た際に賭け手が利益を得る可能性がある状況を指します。
  2. ミドルの例: 例えば、アメリカンフットボールの試合で、一方のチームのハンディキャップが+6.5、もう一方のチームのハンディキャップが-3.5となっているとします。ここで、ミドルを狙う場合、1つのブックメーカーで+6.5に賭け、別のブックメーカーで-3.5に賭けることで、両方のハンディキャップが実現する場合に利益を得ることができる可能性があります。
  3. 利益のシナリオ: ミドルを成功させるためには、両方のハンディキャップが実現することが重要です。例で言えば、試合のスコアが差がちょうど4点で終わるなど、両方のハンディキャップに該当する結果が出る必要があります。この場合、両方のベットが勝ちとなり、利益を得ることができます。
  4. リスクとリワード: ミドルは成功すれば大きな利益が得られる可能性がありますが、その分リスクも伴います。片方のハンディキャップが実現せず、逆方向に試合が進行すると、両方のベットが敗北する可能性もあるため、慎重に計画する必要があります。
  5. オポチュニティの利用: ミドルは特定の条件が揃ったときにのみ実現する場合があります。そのため、注意深く市場を監視し、オポチュニティを見逃さないようにすることが重要です。
スポーツベットら行

ライブベッティング

ブックメーカーの用語である「ライブベッティング(ライブベット)」は、スポーツイベントが進行中の状態で、リアルタイムに賭けを行うことを指します。

以下はライブベッティングの特徴や例です。

  1. 進行中の試合に賭ける: ライブベッティングでは、試合やイベントが実際に進行している最中に賭けを行うことができます。これにより、試合の進行や選手のパフォーマンスなどに基づいて、より適切な賭けをすることが可能です。
  2. リアルタイムのオッズ: ライブベッティングでは、試合の進行に合わせてオッズがリアルタイムで変動します。オッズは試合の状況に応じて調整されるため、より現実的な賭けを行うことができます。
  3. 試合の状況を考慮: ライブベッティングでは、試合の進行やスコア、チームや選手のパフォーマンスなどを観察しながら賭けを検討します。これにより、試合の状況に合わせた戦略的な賭けを行うことができます。
  4. ダイナミックな賭け: ライブベッティングでは、試合の状況が変わるにつれて、賭けの選択肢も変化します。例えば、試合開始時には考えられなかったような展開が起き、新たな賭けの機会が現れることがあります。
  5. エキサイティングな体験: ライブベッティングは、試合の結果をリアルタイムで追いながら賭けを楽しむことができるため、よりエキサイティングな体験を提供します。

例えば、サッカーの試合であれば、試合が進行中に選手のゴールやカード、コーナーキックなどの出来事に賭けることができます。
これにより、試合の進行や流れに合わせて賭けを調整することができます。

ライン

ブックメーカー(スポーツベット)の用語である「ライン(Line)」は、特定の試合やイベントにおける賭けの対象となる条件やオッズのことを指します。
ラインは試合のポイント差や得点など、賭けの対象となる要素を示すものであり、初心者にもわかりやすく具体的に説明します。

以下はラインの種類と例です。

  1. ポイントスプレッド(Point Spread): ポイントスプレッドは、試合の勝敗差を示すもので、特にアメリカンフットボールやバスケットボールなどのスポーツで使用されます。ポイントスプレッドには「ファボリット(優勢とされるチーム)」と「アンダードッグ(劣勢とされるチーム)」があり、ファボリットが勝つことを想定してオッズが設定されます。例えば、試合のポイントスプレッドが「ファボリット -5.5、アンダードッグ +5.5」となっていれば、ファボリットが試合を6点以上で勝つか、アンダードッグが試合に敗れても5点以内であれば賭けが的中するということです。
  2. トータル(Total): トータルは、試合全体の得点や出来事の合計を指します。特にスポーツの試合において、両チームの得点の合計、または特定の出来事の合計(例えば、サッカーの試合でのゴール数やバスケットボールの試合でのスリーポイントシュートの成功数など)に対して賭けを行うことができます。ブックメーカーは、試合の進行やチームの実力などを考慮してトータルのラインとオッズを設定します。
  3. マネーライン(Moneyline): マネーラインは、試合の勝敗を単純に予想する賭けです。特にアウトライト(試合全体の勝敗)に関する賭けで、ファボリットとアンダードッグそれぞれに対して勝利を予想するものです。ファボリットの勝利ならば低いオッズ、アンダードッグの勝利ならば高いオッズとなります。

これらのラインは、試合やイベントの特性に合わせて設定され、賭ける際に重要な情報となります。

ラインメーカー

ブックメーカー(スポーツベット)の用語である「ラインメーカー(Line Maker)」は、スポーツベットのオッズを設定する専門家やチームを指します。
彼らは試合やイベントの条件、過去のデータ、チームの実力、ファンの意向などを考慮してオッズを設定し、賭けの対象となるラインを作成します。

  1. オッズ設定: ラインメーカーは試合やイベントの各結果に対して適切なオッズを計算します。これにはファボリットとアンダードッグの勝敗、ポイントスプレッド、トータルなどが含まれます。過去のデータや各チームの実力を分析し、公正で競争力のあるオッズを提供します。
  2. 市場調査: ラインメーカーはスポーツの市場動向を調査し、ファンやベッターの傾向を理解します。これによって、人気のあるチームや選手に偏ったベットが集中しないようなバランスの取れたオッズを提供することが目指されます。
  3. オッズ調整: ラインメーカーは試合の進行やファンの賭け傾向を監視し、オッズを調整することがあります。例えば、大勢のベッターが特定の方向に賭けている場合、ラインメーカーはオッズを微調整してバランスを保とうとします。
  4. 専門知識の活用: ラインメーカーはスポーツやチームに関する深い知識を持ち、試合の結果を予測するためにさまざまな要因を考慮します。これによって公平で競争力のあるオッズを提供し、ベッターに公正な賭けの機会を提供します。

ラウンドロビン

「ラウンドロビン(Round Robin)」は、ブックメーカー(スポーツベット)で使用される一種の複数の賭けを組み合わせるベットの戦略です。この戦略は、複数のイベントや選択肢に対する賭けを組み合わせて、複数のパーレイ(複合ベット)を作成する方法です。

初心者にもわかりやすく具体的に説明すると、ラウンドロビンは以下のステップで行われます

  1. 選択肢の選定: まず、複数のイベントや選択肢を選びます。例えば、複数のサッカーの試合の結果を予測する場合、各試合の勝敗やトータルなどの賭けが選択肢となります。
  2. 組み合わせの作成: 選択肢を組み合わせて複数のパーレイを作成します。ラウンドロビンでは、選択肢ごとに全ての組み合わせが作成されます。例えば、3つの選択肢がある場合、3つのイベントがそれぞれ個別に組み合わされ、トータルで6つのパーレイが作成されます。
  3. 賭け金の設定: 各パーレイに対する賭け金を設定します。ラウンドロビンでは、複数のパーレイが作成されるため、賭け金はそれぞれのパーレイごとに決める必要があります。
  4. 当選条件: パーレイの当選条件は、選択肢の組み合わせによって異なります。一部のパーレイが的中する場合、その賭けの結果が得られます。

ラウンドロビンのメリットは、複数の選択肢を組み合わせることで、的中率の高いパーレイがある場合でも、他のパーレイが外れても一部の利益を得ることができる点です。
しかし、同時に複数のパーレイを賭けるため、賭け金も増えることに注意が必要です。

ラグ

ブックメーカー(スポーツベット)での「ラグ(Lag)」は、特定の出来事や変更が反映されるまでの時間的な遅延を指します。
これは特にライブベッティングやオンラインのスポーツベットに関連して言及されることがあります。

初心者にもわかりやすく説明すると、ラグは以下のように理解できます。

例えば、サッカーの試合中にライブベッティングを行っているとしましょう。あなたが試合中にチームAの次のゴールを賭けることを検討しています。
しかし、オンラインのベットプラットフォームにおいては、試合の実際の進行状況がリアルタイムで表示されるまでに、わずかな遅延(ラグ)があることがあります。

このラグの遅延によって、試合の出来事が実際に発生した後でも、ベットプラットフォームに情報が表示されるまでにわずかな時間がかかることがあります。
これがラグの例です。

ラグがあるため、試合の進行状況に即座に対応するのが難しく、ベットを行う際にはラグを考慮する必要があります。
ラグが大きい場合、実際の試合状況とベットプラットフォームの情報とのズレが生じる可能性があるため、注意が必要です。

ランディングオンスリーセブン

「ランディングオンスリーセブン」という用語については、私の知識ベースには情報がありません。
ブックメーカーやスポーツベットに関連する一般的な用語や概念についてはお手伝いできますが、この具体的な用語についての情報は提供できない可能性があります。

ランライン

「ランライン(Run Line)」は、主に野球のスポーツベッティングにおいて使われる用語です。ランラインは、通常の勝敗オッズに加えて、特定の試合での得点差に関するオッズを示すものです。

例えば、ある野球の試合でチームAとチームBが対戦しているとします。通常の勝敗ベットでは、チームAが勝つか、チームBが勝つかを予想することになります。
しかし、ランラインではその勝敗だけでなく、試合の得点差についても賭けることができます。

例えば、ランラインが「-1.5」ならば、そのチームが1.5点差以上で勝つことを予想する賭けが可能です。
逆に「+1.5」ならば、そのチームが1.5点差以内で負けても勝ちとなる賭けです。

レイオフ

「レイオフ(Layoff)」は、ブックメーカーやスポーツベットに関連する用語で、特にプロのギャンブラーやトレーダーが使うことが多い言葉です。

レイオフは、賭けや投資のコンセプトに関連しており、特に一つのアウトカムに過度の賭けが集中している場合に、リスクを分散させるために行われる行動を指します。

例えば、ある試合で特定のチームに多くの賭けが集まっており、そのチームが勝利すればブックメーカーが多額の支払いをしなければならない状況になったとします。
この場合、ブックメーカーはリスクを分散させるために、別のブックメーカーや取引所で逆のアウトカムに賭けを行うことを検討することがあります。
これによって、どちらのアウトカムになってもブックメーカーの損失が抑えられる可能性があります。

一般的には、プロのギャンブラーやトレーダーがリスクを管理するために行う戦略の一環としてレイオフが使われます。

ロック

「ロック(Lock)」は、ブックメーカーやスポーツベットにおいて、特定のアウトカムが非常に確実であると見なされる場合に使われる用語です。

例えば、ある試合であるチームが非常に強力なメンバーや記録を持っており、対戦相手のチームが実力的に大きく劣っている場合、その強力なチームが勝つことがほぼ確実であるとされることがあります。
この場合、そのチームの勝利が「ロック」と表現されることがあります。

ただし、スポーツは予測不可能な要素を含むものであり、どれだけ強力なチームであっても予想外の結果が起こることがあります。
そのため、「ロック」とされていた試合であっても絶対的な確実性はないということを覚えておくことが大切です。

ロングショット

「ロングショット(Long Shot)」は、ブックメーカーやスポーツベットにおいて、低いオッズで評価されているチームや選手が予想以上に好成績を収めることを指す言葉です。
一般的には成功の可能性が低いとされるアウトカムが実現する場合に使われます。

例えば、ある試合でのチームが評価が低く、あまり期待されていない場合に、そのチームが驚くべき勝利を収める場合、それを「ロングショットが的中した」と言うことがあります。
ロングショットが的中することで、ベットした人は高いリターンを得ることができる可能性があります。

ローテーションナンバー

「ローテーションナンバー(Rotation Number)」は、スポーツベットにおいて特定の試合やイベントを識別するための番号のことを指します。
主にアメリカのプロフェッショナルスポーツリーグ(NFL、NBA、MLBなど)において使用されています。

各試合やイベントには一意のローテーションナンバーが割り当てられており、ブックメーカーやベッティングサイトではこの番号を使用して特定の試合に賭けることができます。
これにより、試合の日付やチーム名などが変わっても、同じ番号を使って試合を特定することができるため、混乱を避けることができます。

以上がスポーツベット・ブックメーカーの用語辞典になります!
あいうえお順に並んでいるので是非ブックマークして使ってください!

おすすめブックメーカー・スポーツベットがプレイできるサイト

Betrnk(ベットランク)

・野球
・サッカー
・バスケットボール
・総合格闘技
・テニス
・ボクシング
・卓球
・バドミントン
・NBA
・FIFA
・DOTA
・バレーボール
・競馬
・ラグビー
・エンターテイメント
・モータースポーツ
・アメリカンフットボール
・ダーツ
・ゴルフ
・アイスホッケー
・スヌーカー
・カウンターストライク
・アルペンスキー
・オージールール
・オーバーウォッチ
・クリケット
・ゲーリックフットボール

・フットボール
・サイクリング
・サーフィン
・スキージャンプ
・ハンドボール
・バイアスロン
・ビーチバレー
・レインボーシックス
・ロケットリーグ
・政治
・陸上競技

・ファスタル
・チェス

・カ―リング
・ラクロス

・テーブルテニス
・ビーチバレーボール
・ネットボール
・レスリング
・ウォーターポロ
・バンディ
・フロアボール
・ハーリング
・プール

・クロスカントリースキー
・アルペンスキー
・ボブスレー
・リュージュ
・スケルトン
・フリースタイルスキー
・スキージャンピング
・フィギュアスケート
・スピードスケート
・ショートトラックスケーティング

ボーナス内容
・入金不要ボーナス
金額:$40(カジノ$20/スポーツ$40)
賭け条件:10倍
出金上限額:無し
Bet上限額:無し

ボーナスコード:【FREESLOTS】【FREESPORTS】
・初回入金ボーナス
100%混合ボーナス
最大金額:$5000
条件:20倍(入金額+ボーナス額)に対して
ベット上限額:無し
利用期限:1週間

ボーナスコード:【初回入金100%ボーナス】

Betrnk

PINACLECASINO(ピナクルカジノ)

・オージールール
・クリケット
・ゴルフ
・サッカー
・自転車競技
・政治
・総合格闘技
・テニス
・バスケットボール
・バレーボール
・ハンドボール
・フットサル
・フットボール
・ボクシング
・ホッケー
・野球
・ラグビーユニオン
・ラグビーリーグ

ボーナス内容
・入金不要ボーナス
・初回入金ボーナス
は共にないですがスポーツベットん男eventが定期的に開催されています。
25周年イベントでは$10から参加できる総額$25000のイベント等があるので要チェックです!

Konibet(コニベット)

・日本式ハンデ
・サッカー
・野球
・バスケットボール
・テニス
・K1/RIZIN/RISE
・格闘技
・アメリカンフットボール
・アイスホッケー
・アウトライト
・クリケット
・ダーツ
・オージールール
・ラグビー
・卓球
・競馬

ボーナス内容
・入金不要ボーナス
金額:$20+フリースピン
賭け条件:5倍
ボーナスコード:【コニキング】
利用期限:無し(フリースピンは三日)
フリースピンの騎手はラッキーネコの30回
賭け条件無し
・初回入金ボーナス
65%キャッシュバック
賭け条件:0倍
最大対象入金額:$1000
ボーナスコード:【リベンジボーナスKMTを申請します】

コニベット

Stakecasino(ステークカジノ)

・F1
・アイスホッケー
・アスレチック
・アメリカンフットボール
・アルペン競技
・インディカシリーズ
・オージールールズ
・クリケット
・クロスカントリー
・ゲーリックハーリング
・ゴルフ
・サイクリング
・サッカー
・スキージャンプ
・ストックカー
・スペシャル
・ダーツ
・テニス
・バイアスロン
・バイクレース
・バスケットボール
・バスケットボール3×3
・バレーボール
・ハンドボール
・ビーチバレー
・ボクシング
・ラグビー
・ラクロス
・総合格闘技
・卓球
・野球

ボーナス内容
・入金不要ボーナス
金額:$7
賭け条件:無し
期限:2023年1月1日で一旦停止中
ボーナスコード:【tking】
・初回入金ボーナス
200%の混合型ボーナス
最大ボーナス額:$2000
賭け条件:(ボーナス+入金額)に対して40倍
ベット上限額:入金額の30%
ボーナスコード:【tking】

ステークカジノ

Sportsbet.io(スポーツベットアイオー)

・サッカー
・野球
・テニス
・競走馬
・スポーツ・スペシャル
・アメリカンフットボール
・オージー・ルールズ
・アスレチック
・バスケットボール
・バスケットボール3×3
・ビーチバレー
・ボクシング
・クリケット
・サイクリング
・ダーツ
・eSoccer
・ゲーリックフットボール
・ゲーリックハーリング
・ゴルフ
・ドッグレース
・ハンドボール
・ハーネスレース
・アイスホッケー
・ラクロス
・総合格闘技
・バイクレース
・ラグビーLeague
・ラグビー
・スヌーカー
・スペシャル
・スピードウェイ
・卓球
・バレーボール

ボーナス内容
・入金不要ボーナス
・初回入金ボーナス
共にないですがボーナスプロモーションは豊富に行われています。
スポーツベット系・カジノ系共に盛んにおこなわれています。
たカジノ系のボーナスを使用したい方は姉妹カジノのBitcasinoがおすすめです。

スポーツベットアイオー

ELDOAHCASINO(エルドアカジノ)

・バスケットボール
・野球
・eスポーツ
・テニス
・バドミントン
・バレーボール
・ボクシング
・クリケット
・フットサル
・アイスホッケー
・ハンドボール
・ラグビーリーグ
・ビリヤード系
・モーターレース
・卓球
・ラグビーユニオン
・MMA(総合格闘技)

ボーナス内容
・入金不要ボーナス

金額:3000円
賭け条件:1倍
ボーナスコード:【3000CHIP】
BET上限:無し

出金限度額:無し
かなり熱いです!
・初回入金ボーナス

キャッシュバックボーナス
最大キャッシュバック金額:50000円

キャッシュバック率:50%
賭け条件:1倍
ボーナスコード:【2021FCB】
BET上限:無し

オールインもOK!

エルドア

1XBET(ワンバイベット)

・アメリカンフットボール
・アスレチック
・ラグビーオーストラリアルール
・バドミントン
・ボクシング
・ビーチサッカー
・ビーチバレーボール
・自転車レース
・ボートレース
・チェス
・クリケット
・ダーツ
・フットサル
・Formula
・ゲーリックフットボール
・ゴルフ
・ドッグレース
・ハンドボール
・競馬
・Hurling
・競輪
・ラクロス
・ロッテリー
・総合格闘技
・モータースポーツ
・Politics
・ラグビー
・スヌーカー
・スペシャルベッツ
・バイクレース
・TOTO
・Trotting
・TVゲーム
・UFC
・天気

ボーナス内容
入金不要ボーナスはなしですが時々後乗せボーナスのフリースピンが配布されます。
先にフリースピンを回し出た配当に対してリアルマネーでベットし賭け条件をクリアするとボーナスをキャッシュとして獲得できるというものです。
・初回入金ボーナス

特殊分離型
最大対象金額:€390にパワーアップ!
賭け条件:ボーナスに対して35倍
ボーナスコード:【TKING510】
ボーナスから使用かキャッシュから使用か選択できます。
先にボーナスを使用するのがおすすめです!
ボーナス内容としては熱いです。

1XBET

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 が付いている欄は必須項目です