~おすすめオンラインカジノ特典・詳細はここから~ 

インカジとオンカジの違いについて知っておこう!法律や摘発事例も解説

インカジ、オンカジ検出の法的背景と事例について

日本では最近「インカジ」「オンカジ」「オンラインカジノ」「ネットカジノ」という言葉をよく耳にするのではないでしょうか?

しかし、両者の違いや法的背景については、これまで多くの混乱や誤解がありました。
今回は、「インカジ」と「オンカジ」の違いについて詳しく解説するとともに、現在の法律や法整備についても触れていきます。
過去の摘発事例やその背景にある法的問題点など、インターネットを利用したカジノに関する正確な知識を深めていきましょう。

インターネットカジノとオンカジの違いについて

インターネットカジは「インカジ」とも呼ばれ、従来の実店舗型カジノのオンライン版と言えます。
勿論インターネット上ではなく店舗型で日本にあるので政府発行のライセンス等もなく違法性があると言えます。

それに対してオンカジは「オンラインカジノ」「バーチャルカジノ」とも呼ばれ、インターネット上で行われるカジノの一種です。
プレイヤーは自宅等の好きな場所からカジノにアクセスし、ブラックジャックやスロット、ルーレット、バカラなど様々なゲームをプレイすることができます。
オンラインカジノは海外での運営なので政府発行のライセンスやRTP(還元率)をチェックする第三者機構等の審査も通っています。

また利便性にもかなりの違いもあり好きな場所でプレイできる事や仮想通貨や電子決済等の入出金方法が使用出来る等かなり異なってきます。
オンラインギャンブルの中でも特に盛んな形態で、日本でも広く利用されています。

オンカジの法的背景や現状、海外でのカジノプレイについて

日本におけるカジノをはじめとするインターネット上の「賭博」行為の法的背景には、日本法と国際法の両方が絡んでいます。
日本法の観点から見ると、実店舗型の【インカジ】は2005年以降、あらゆる形態の賭博やカジノを一般的に禁止する賭博防止法により、日本では禁止されています。そのような行為に関与していることが判明した場合は、刑事責任を問われる可能性があります。

しかし、法律の観点で見るとオンカジ自体は日本では明確に違法化・合法化共にされていなく、プレイヤーは海外に拠点を置く政府発行のライセンスを持つサイトで【オンカジ】をプレイする選択肢を持っています。
これは、日本政府が海外のカジノ管轄区域を承認しているためです。
簡単に説明すると海外で実際にカジノに行きプレイする事が認められているという事です。
なので現在は昔パチンコの法が定められるまでのグレーだった状態と同じ様な状況です。

カジノ内カジノ押収の過去の事例と法的背景

日本では、カジノが押収された事例がいくつかあり、その多くは、オンライン上で違法な賭博行為に従事していた個人が、日本の当局によって摘発されたものです。
2008年には、警視庁がオンラインカジノサイトでの違法な賭博行為を取り締まり、複数の個人を逮捕し、数千万円相当の機器を押収した事例があります。


この事件は裁判になり、裁判所は賭博防止法とカジノ管理法を根拠に、オンラインギャンブルが違法であり、法律で罰せられることを証明し、警察を支持する判決を下しました。

では何故そうなったのか?
調査してみると海外ではなく日本国内で運営しておりライセンスも無かったようです。

勿論日本国内での運営なのでライセンスも取れなく確実に違法行為にあたります。
なのでライセンスが無いサイトでのプレイは必ずやめましょう。

またこの際も3人中2人は罰金で一人は抗い【不起訴】となったようです。

インターネットを利用したカジノに関する今後の法整備

日本におけるオンラインギャンブルの成長とカジノ内カジノの普及を考えると、日本政府は時代の変化に合わせて法律を更新する必要があると考える人が多いです。
現在、日本の法律では、オンラインとオフラインのギャンブルを区別していません。
したがって、オンラインカジノの合法性もしくは違法性を明確にし、規制と執行のための枠組みを提供するための法律が将来的に必要であるかと思われます。。
さらに、違法なギャンブル行為に巻き込まれないよう、個人を保護するための規制強化が必要です。

IR(大阪のカジノリゾート)が2029年に完成予定でそれに伴いIR整備推進法が導入されるのでそこまでにきちんと明確化されると予想されます。

IRについてはこちら

IR

オンカジ・インカジについてのまとめ

日本でのIRが完成してもプレイできる金額の上限等の制限が多々ある事等からオンカジいわゆるオンラインカジノ(ネットカジノ)でプレイしたいと考える人も多くいるようなのでIR完成の為のIR整備推進法と同時にオンカジに対してもきちんと合法化されるのが私個人的にも願っている所です。

今現在は入出金方法等も海外運営の電子決済いわゆるe-walletなどが種類なので日本国として税金がきちんととれない等の関係もあるので国内業者がそういった役割を果たしいつかホワイトになる事を願っています。
また仮にオンカジが違法と明確になった場合はサイトにアクセス等もできなくプレイする事自体が困難になると思います。

そうなると海外に行き本場カジノでプレイする人も増えるでしょう。

また余談ですがオンラインカジノサイトでは実際の本場カジノ(ランドカジノ)等を運営している所もあります。
例えばBetrnk(ベットランク)等です。
実際の本場カジノでプレイしたいという方は当サイトからこのベットランクのジャンケットも紹介できるのでもし行きたい方はTwitterのDMかサイト内の問い合わせから連絡してください。

ベットランクの詳細は

Betrnk

長々と書きましたが今の所はまだ不明瞭な部分も多いので今後の動きに注目しておきましょう。

当サイトの紹介しているオンカジは合法国での政府発行のライセンスを所持しており第三者機構を通しているか、入出金関連やボーナス等を実際に調査してから紹介していますのでご安心ください。

当サイトおすすめオンカジはこちらから

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 が付いている欄は必須項目です